美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.15

アイリスト

アイリストとして上手く差別化を図る方法

マネキンをにらむ女性
まつエクの需要が増えるに伴って、アイリストも増加しています。アイリストが生き残っていくためには、他のアイリストと差別化をしなければならないでしょう。特に経営者はどうすれば差別化が図れるのでしょうか。

アイリストが差別化を図るには

アイリストが他のアイリストと差別化をするには、徹底的にヒアリングをしましょう。
 
具体的には

  • お客様のプライベートに関すること
  • お客様が感じているお店や自分の魅力
  • お客様が思っているお店や自分の欠点

この3つを抑えれば大丈夫です。
 
ただ、最初のお客様のプライベートに関することは施術中の会話でナチュラルに聞き出しても良いですが、それ以外は顔と顔を合わせたシーンでは本音が出ません。気をつけましょう。
 
また、アイリストの場合「上手い人は収入が高い」と業界では言われています。ただ、いくら技術があっても需要がない施術しかできないのであれば、当然収入も少なくなります。
 
あくまでも「一定基準までは技術が収入を決めるものの、そこから上は別の要素で収入が決まる」と思っておきましょう。美容師でも、ネイリストでも、それは一緒です。
タブレットでアピールする女性

お客様の思いと自分の売りや強みを合わせる

お客様へのヒアリングである程度まで資料を集められたら、お客様が思っていること、自分の売りや強みを上手に融合させて、その方向にアプローチしましょう。
 
例えばあなたが

  • 最低限以上の技術がある
  • ファッションが好き
  • 常日頃から美容に気を付けている

こうような強みをもった人であれば、「ファッショニスタアイリストがあなたのビューティーを全面的にサポート」といったキャッチコピーで売ることができます。
 
別の例を挙げると

  • 短い時間の施術ができる
  • 24時間店舗を営業できるリソース(人やお金、時間)がある

このような強みがあるのであれば、「忙しいあなたをアイリストがサポートします。通勤途中や買い物の合間に気軽に行けるまつエクサロン」といったキャッチコピーで売ることができます。
 
そうすることによって自分だけのアイリスト市場を作ることができ、仮に自信がなくても「自分でなければできない仕事」を作れるので、将来を心配する必要もありません。
 
これは顧客との距離が近いスモールビジネスでよく言われていることで、アイリストの世界はスモールビジネスオーナーが集まっている側面があります。
 
なので、アイリストも自分の売りや強みを組み合わせていけば何かしらの変化に期待できるでしょう。
 
握手

アイリストの差別化は技術にとらわれないように注意

アイリストが自分やお店を差別化したい場合、技術だけでは難しいことが多いです。
 
お客様にヒアリングし、自分やお店が持っている強みや特徴を洗い出して、それを活かしていかなければなりません。
 
世間的な常識では技術があることで収入が高いという発想に行き着きます。しかし、技術が収入に直結するのは一定基準までです。
 
それ以上になれば売り出し方で収入が決まることを覚悟して、具体的な行動に移していきましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。