美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.28

作成:2017.02.27

アイリスト

効率的にテープワークをすすめコツ

うつむく女性
アイリストがスピーディーに施術をするためには、テープワークの技術も必要です。では、人気アイリストはどのようなテープワークをしているのでしょうか。
 
今回は新人、伸び悩みアイリスト向けにテープワークのコツを教えます。

そもそもテープワークは何のためにするのか

そもそもですが、テープワークは何のためにするのでしょうか。
 
まつエクを付ける時はグルーと呼ばれる接着剤を使用しますが、このグルーを使用する際にお客様の目の中に入って沁みることを防止するためにします。
 
テープワークが下手だと、グルーの影響でお客様の目が施術後に痛くなってしまい、満足度の低下とリピート率の低下を引き起こします。

よくあるテープワークの失敗例

ショックを受ける女性
よくあるテープワークの失敗例としては、

  • 薄目を開けたらまぶたと眼球の間に隙間ができていて、その影響でグルーが目に入ってしまった
  • 目の粘膜にグルーが入った

この2つが挙げられます。
 
目の粘膜にグルーが入ると「マイボーム腺腺」と呼ばれる軽い目の異常が出ることもあり、この異常が出ると目の粘膜に白い出来物ができてしまいます。
 
白い出来物は蒸しタオルで目を温めると脂肪が溶けてなくなりますが、目の美容を支えるアイリストが目の健康を台無しにしては本末転倒です。
 
では、人気アイリストはどのようなテープワークをしているのでしょうか。

人気アイリストのテープワーク術

人気アイリストのテープワークには

  • まんべんなく、効率良く貼っている
  • 粘膜には貼っていない
  • 切り口がキレイ
  • まぶたや眼球に負担がない

この4つの特徴があり、どれもコツを抑えれば簡単にできます。
 
粘膜や眼球に当たっているとお客様にとって負担がかなり大きくなりますし、切り口が乱れていると剥がれやすくなってしまいます。
 
アップテープは必要な時のみ付けるようにし、そうでない場合は外すようにしましょう。まつエクを受けるお客様の中には、施術中に寝るお客様もおり、そうなると涙が出る原因になります。
 
また、テープワークを剥がす際はお客様のまぶたが痛まないように、貼る前に粘着力を緩くしたり、濡らした綿棒で温めながら外すようにしましょう。
 

テープワーク上手であなたも人気アイリストへ

人気アイリストの大半はテープワークが上手く、それを顧客満足度に上手に繋げています。
 
最初のうちは「眼球や粘膜に付いてはダメ」「まつげを巻き込んではダメ」「剥がすのにコツが必要」ということもあって少し難しいと感じるテープワークですが、慣れてくれば徐々に上手になってくるでしょう。
 
お客様の目やまぶたを守るためにも、新人アイリストや伸び悩みアイリストはテープワークを見直して売上アップに繋げたいところです。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。