美容スペシャリストな自分になるために

更新:2018.01.11

作成:2017.02.24

アイリスト

基礎から指導してもらえるアイリスト向け講習会

勉強する女性
アイリストのために様々なスクールで講習会が開講されています。その内容はアイリストのレベルに合わせたものが用意されています。今回は未経験者向けの講習会の内容についてご紹介していきます。

未経験者向け講習会の内容について

現在はまつ毛エクステの普及によりアイリストの需要が高まっているため、美容師免許を取得していれば未経験でもすぐにサロンで施術に携わることができると言われています。しかし、自身の技術を磨くためにも自主的にスクールに通うアイリストが多いのが現状です。
 
未経験者向けの講習会の指導内容は、スクールや講座によって異なります。まつ毛エクステに必要な商品や、その種類に関する知識、実際の道具を使用しながらまつ毛エクステを装着する方法などの基礎的な部分から、検定試験に合格するためのよりレベルの高い知識や技術まで幅広く用意されています。
 
中には、まつ毛エクステサロンを経営するのに必要な知識や、指導者になるための技術を学べることもあります。
講習会場

実技講習会の内容・準備物

未経験者向けの実技講習では、基礎からしっかり教えてもらえる内容のところが多いので安心です。少人数かマンツーマン、どちらか選ぶことのできる講習会もあります。
 
実技の内容は、モデルかウィッグのどちらかでの練習になり、モデルの場合は講習受講までにモデルを集め同伴させる必要があります。会場によってはモデルを用意してくれる場合、追加で料金を支払って講習会場でモデルをレンタルする場合もあります。
 
また、講習の際に使用する道具についてですが、未経験者向けの講習会の場合、会場で道具を貸し出してくれる場合が多いようです。その場合、材料費などの支払いが必要になりますので事前に確認しておきましょう。

開催時間・開催期間も様々

アイリスト向けの講習は1回の開講時間や受講期間も様々です。短いものでは1日講座も多く用意されています。未経験でサロンに勤務しはじめたばかりであったり、アイリストをお仕事にするかを悩んでいる方は、このような短い講座で自分自身の適性を判断するのもよいでしょう。

講習会受講の必要性

まつ毛エクステのついている女性
最近はまつ毛エクステの人気のより、未経験でも就業可能のアイリスト求人が多く、きちんと給与をいただきながらアイリストに必要な知識や技術を身に付けることも可能です。中には、就業時間内で研修をうけられることもあります。また、独立を考えていたり、プロのアイリストとして今後成長を望むのであれば、就職後の研修だけでなく自分自身のお金で講習会へ参加したりなどし、日々知識と経験を積んでいくことで成長していきます。
 
また、既にアイリストとして働かれている方でも、今まで働いていたサロンで習得し実践してきた技術が間違っていることもあります。基礎の見直しを目的に自身の知っているやり方以外に最適な方法を見つけるなど、新しい発見がたくさんあるといいますので、アイリストとしてのさらなる成長を望まれる方は、ぜひ受講をご検討ください。

アイリストの役に立つ「衛生管理」に関する講習会

まつ毛エクステやまつ毛パーマなど、目元の施術を行うアイリストの仕事。体のなかでもデリケートな部分を扱うため、感染症などを防ぐためにもアイリストには徹底した衛生管理が求められます。たとえばアイリストは手洗いや手指の消毒をしっかり行わなくてはいけませんし、施術に使うツイーザーやコームといった器具の消毒も必須。タオルやガーゼなどをこまめに変えたりと、お客様のためにサロンの環境を良くしていく必要があるんですね。
 
そこで注目したいのが「衛生管理」に関する資格や講習会。たとえば一般社団法人 日本アイリスト協会(JEA)ではアイラッシュサロンで働く人向けに「衛生管理士」の資格を発行しています。講習内容は新規受講者の場合には「まつ毛エクステンションサロンにおける衛生管理士資格とは」「安全/衛生管理」「目の疾患について(伝染病含む)」「サロン衛生実践テクニック」。ただし有効期間が設定されていて、期間が過ぎたら更新が必要になるので注意が必要です。ちなみに更新受講者向けの講習内容は「JEA検定試験での衛生管理変更事項通達」「感染症について」「アレルギーについて」「感染する皮膚疾患」。受講料は新規講習の場合にはJEA会員7,000円、一般11,000円。更新講習の場合には6,000円、一般10,000円となっています。
⇒「一般社団法人 日本アイリスト協会」公式サイト

アイリスト向け講習会を受けるのに必要な期間や値段

アイリスト向けの講習会は一体どれくらいの受講期間を想定すれば良いのでしょうか? 一般的なのは2~3カ月ほどで修了できるコース。授業時間としては全20時間ほどで、受講料は10万円から20万円あたりとなっているようです。ちなみに料金のなかには教材費も含まれているところが多いよう。
 
また、中には最短1日で受講できるコースを設けているところもあるようす。そのほか一定期間受講するのではなく、2~3時間の講義を受けるごとに2~3万円ほどの授業料を支払う形式の講習会も。施術の実習に使うモデルを自分で用意することで、受講料が多少安くなったりと学校によって様々なプランが設けられています。
 
なお講習会の内容はまつ毛エクステで必要な機材の使い方やエクステの施術方法だけでなく、実際にアイリストとして働くときに起こりがちなトラブルについて教えてくれるところも。開業に必要な知識を相談できることもあるので、自分に必要な講習内容になっているのかあらかじめ調べておくのが良いでしょう。
 

講習でアイリストとしての基礎を固める

需要があるからこそ高い技術が求められるアイリスト。自身のスキルを高めるためにも、講習会には積極的に参加するといいですね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。