美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.27

作成:2017.02.21

アイリスト

季節で考えるアイリストの需要の変化

忙しそうな女性
まつ毛エクステの需要が高まる季節はいつでしょうか。アイリストの繁忙期がいつなのかと、忙しくなる理由についてご紹介します。

需要が高まるのは夏

サロンが込み合い、まつ毛エクステの需要が高まるのは夏だと言われています。様々な理由がありますが、よく言われるのがプールや海などの夏に多く見られイベントの増加です。
 
まつ毛エクステはつけまつ毛に比べて水に強いのが特徴です。そのため、プールや海などの水中に入っても取れにくいと言われています。
 
その為、海やプールへ出かける人が増える、夏に需要が高まるということです。
 
また、夏は汗をかきやすい季節でもあります。汗や皮脂による化粧崩れも起きやすいですね。特に目元は、マスカラが汗や皮脂でにじんで黒ずんでしまいやすいです。
 
まつ毛エクステはマスカラを使用しなくてもしっかりしたボリュームを保つことができます。
 
その他にも、夏は旅行が多いシーズンだということも関係しているでしょう。温泉旅行などではすっぴんで過ごす時間も多くなりがちです。ノーメイクでも目元にボリュームがあれば安心ですね。

サロンの混雑のピークは7月中旬からお盆前まで

夏を満喫する女性
まつ毛エクステ利用者の増加による、サロンの混雑のピークは7月中旬~お盆前までです。特にお盆の直前の場合は、旅行や遊びに出かける機会が多くなるため、最も混み合う時期と言っても良いでしょう。
 
そして梅雨が明け、夏に向けて7月上旬位から忙しくなりだし、リペアをしながらまつ毛の状態を維持するという人とはじめてまつ毛エクステを行うという人が7月下旬ごろから多くなってきます。
 
ピークのお盆後も、夏の間に新規でまつ毛エクステを始めた人がリペアや維持のために来店するので、夏の終わりに差し掛かっても、サロンはまだ少し混雑している状態です。

アイリストにとっての繁忙期は5月ごろからスタート

サロンが混雑するのは7月中旬の夏の季節ですが、アイリストは夏に向けての準備を5月ごろから始めます。
 
スタッフの確保や新しい商品を試して比べて店舗に導入したり、夏にお客様に提供できるよう試作を繰り返したりします。
 
多くのお客様が訪れる夏のために、しっかりとした準備で臨むため、アイリストにとっての繁忙期は5月からスタートしているのです。このことから、夏と秋の約半年間がアイリストにとっての繁忙期になります。

混雑と繁忙期のずれを理解しよう

メイク直しをする女性
学生の長い休み期間や、海やプール、旅行などのお出かけが増えることと、メイクが崩れやすい時期が重なり、サロンは夏に最も混み合います。
 
ですがアイリストの繁忙期は夏のための準備を始める5月ごろから始まります。この期間のずれを理解し、夏の忙しさにしっかり備えるアイリストになりましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。