美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.20

作成:2017.03.23

アイリスト

ブライダルシーンでつけまつげを活用するために

化粧バッチの花嫁

涙に注意!つけまつげのメリットとデメリット

一生に一度の結婚式。「一番キレイな私でいたいから、盛りに盛ったつけまつげで印象的な目元を作りたい」というあなた。ちょっと待って!ブライダルでのつけまつげには注意が必要です。

普段からつけまつげを愛用しているから、結婚式もつけまつげで、と考える方は多いかもしれません。でも、ブライダルという特別な場面だからこそ気を付けなければならないことがあります。

 

この記事で、ブライダルメイクでつけまつげを利用する際のメリットとデメリットをしっかり押さえましょう。

つけまつげのメリット

すぐに・簡単に付けられる

式の当日に付けられるので気持ちが楽。メイクさんが付けてくれることもあります。マツエクは数日前にサロンで施術する必要がありますので、『結婚式直前の忙しい時期に余計な仕事を増やしたくない』という方にはつけまつげがおすすめ。

 

また、マツエクは数週間装着し続けることになりますので、『普段はシンプルファッションでアイメイクも軽め』という方も、つけまつげの方が向いているといえます。

種類が豊富

ボリュームや長さなど、つけまつげは種類が豊富!清楚でナチュラル、ボリュームたっぷりでゴージャスなど、ドレスや式の雰囲気に合わせてさまざまなデザインのまつげが選べます。

価格が手ごろ

数千円から、高いものだと1回で1万円以上するマツエクと比較すれば、数百円から購入できるつけまつげはとてもリーズナブル。膨らみがちなブライダル費用を節約することもできます。

つけまつげのデメリット

涙に弱い

一番のデメリットは、つけまつげに使われるグルーが水分に弱いということです。感極まって泣きながら両親への手紙を読む花嫁の頬に、取れたつけまつげ。という事態は避けたいですよね。しっかりと対策を練る必要があります。

つけているのがバレバレ

つけまつげに慣れていないと、仕上がりが不自然になることがあります。つけまつげの質感によっては人工的な印象が強くなってしまうかも。

 

また、「大事な結婚式でつけまつげが取れないように」と接着剤を付け過ぎて、目立ってしまうこともあるようです。ブライダルフォトでは、伏し目がちのアップ写真を撮ることも多いので、「いかにもつけまつげ」という仕上がりは避けたいですね。

 
メイクさん

でもやっぱりつけまつげという方はここに注意!

メリットとデメリットを理解した上で、結婚式ではつけまつげを使うと決めた方。式本番ではこんなことに注意してください。

花嫁の泣き方を覚えておこう

結婚式でのつけまつげ失敗例は、ほとんどが「泣いたら取れた」というもの。そのため、泣くときは細心の注意を払いましょう。

 

ハンカチで目をゴシゴシこするのは絶対にNG。まつ毛には触れずに目の下を軽く押さえる程度なら安心です。これは、マスカラやアイライナーが落ちて「パンダ目」になるのを防ぐためにも有効です。

メイクさんに相談しておこう

お色直しや退場のときにメイクを直してもらえますが、その時につけまつげも一緒に直してもらえるようあらかじめ確認しておきましょう。

 

特に、披露宴の最後に号泣してしまったために、ゲストの見送り時につけまつげが取れてしまったということがよくあります。最後まで気を抜かないことが大切です。

手軽で便利なつけまつげをブライダルで使いこなそう

花嫁が車から出るところ

パッチリ目の花嫁さんを目指したい方におすすめなのがつけまつげ。結婚式当日だけまつ毛メイクをしたい方や、低価格で押さえたい方にもピッタリです。

 

水分に弱いので、泣いてしまった時はつけまつげが取れないように注意が必要ですが、メイクさんなどにも協力してもらってこまめに直すことができれば安心です。

 

アップの写真にもたえられる自然な仕上がりを目指すなら、信頼できるブランドのつけまつげを選び、接着剤選びにもこだわって。事前に練習しておけば、自信を持って結婚式に臨めます。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。