美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.03.07

作成:2017.02.21

アイリスト

まつ毛エクステの価格が知りたい!相場は?

まつ毛エクステの価格を決めるもの

 

まず、まつ毛エクステの価格を決める要素について見ていきましょう。

まつ毛エクステの値段を決める要素のなかでも大きいのが、「本数」。当然のことながら、本数が多ければ多いほど値段は高くなります。

これに関わるプランで、「付け放題」というものもあり、時間制限が設けられているものと設けられていないものがあります。

ほかの要素としては、「まつ毛エクステの種類」です。毛の質や色を選べるところは少し高くなります。

もう一つあげたいのが、「まつ毛エクステを付けたあとのプラン」です。リフトアップや3Dエクステなどができるサロンの場合、通常のまつ毛エクステの料金にプラスして、これらの施術を受けることができます。

これらを踏まえて考えたい、まつ毛エクステの相場

 

上記の条件を踏まえて、まつ毛エクステの価格設定の相場について見ていきましょう。

60本で2000円~3000円程度が一つの相場になるのではないでしょうか。ただ、「60本で8000円程度」としているところも多く、これにはかなり揺らぎがあります。価格が倍以上も変わることがありますし、「初回のみお買い得にする」というところも多いので、必ず確認しましょう。

付け放題の場合は、10000円~15000円程度が一つの目安になります。

まつ毛エクステの種類がたくさんあって好みによって選べるところは、安いところに比べて、数千円単位で高くなることもあります。

「まつ毛エクステをした後に、さらにリフトアップさせる」という場合は、プラス1000円(片目)~としているところもあります。ほかのお店では「プラス3000円」としているところもあるので、方法によっても異なるようです。さらに、「プランを組み合わせて使うとお買い得になるよ」としているお店もあります。

このように、まつ毛エクステの相場の価格というのは、なかなか一元化して語ることが難しいものでもあります。「安さ」を重要視してサロンを選ぶか、それとも「品質」を重要視してサロンを選ぶかによって、料金が大きく変わります。ですので、自分自身が何を一番重要視しているのかをきちんと考えてサロンを選ぶようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。