美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.21

アイリスト

まつ毛パーマを失敗にしないコツ

落ち込む女性
手先が器用じゃないからビューラーでうまく巻けない、毎日毎日マスカラで盛るのが面倒、そんな理由でまつ毛パーマを愛用している方も多いのではないでしょうか。一度かけたらカールが長持ちするまつ毛パーマは確かに便利ですが、実はトラブルも多いんです。まつ毛パーマを失敗しない為にはどうしたらいいのでしょうか。

こんなはずじゃなかった!まつ毛パーマの失敗例

まつ毛パーマの失敗とはどのようなものでしょうか。具体的にご紹介します。

理想通りにかからない

「パーマをかけたのにまつ毛が全然上がらず、結局ビューラーで直している」や、「かかりすぎてグリングリンになってしまい恥ずかしい」など、思い通りの仕上がりにならないと、失敗したとがっかりしてしまいますよね。
 
髪の毛と同様、まつ毛の毛質や太さ、ダメージの度合いは人それぞれ。特に、初めてのまつ毛パーマはかかりにくい方が多いようです。

まつ毛が傷んだ・切れた

「チリチリになった」「まつ毛が半分切れた」「だんだん細くなってきた」など、まつ毛のダメージを気にする方も多いようです。
 
パーマ液が合わないことや、アイリストさんの施術レベルが原因の場合、お店とのトラブルにもなりかねません。一方で、自宅でのケアが間違っていたためにさらにダメージに拍車をかける場合もあります。

目のトラブルがあった

まつ毛パーマには、髪の毛と同じ強アルカリのパーマ液が使われていることをご存知ですか?
 
中には、まぶたが腫れてしまったとか、色素沈着を引き起こしたというトラブルを経験した方もいらっしゃいます。また、パーマ液が目に入り角膜を溶かしてしまうというトラブル例も報告されています。

まつ毛パーマを失敗しない為に注意したいこと

本を読む女性
失敗しない為には、まつ毛パーマの内容やサロンの安全性について十分調べ、安心できる施術を受けることが必須です。また、「イメージと違う」とならないためには、まつ毛パーマに対する知識を深めておくことも大切ですね。以下のポイントに注意しましょう。

  • 国家資格や美容所登録を確認し、価格より安全性重視でサロンを選ぶ。
  • パーマ液の種類や、パーマのかけ方(ロッド式/ビューラー式)などの説明を納得するまできちんと受ける。
  • 短期間に何度もかけない。月1回程度がちょうどいい。
  • 目に異常(炎症や痒みなど)があるときは施術を受けない。
  • まつ毛パーマをかけたらビューラーを多用しない。ホットビューラーは絶対NG!
  • まつ毛美容液を併用し、ケアを行う。

まつ毛パーマに向くまつ毛・向かないまつ毛

まつ毛パーマは、自分のまつ毛を使って受ける施術です。当たり前ですが、まつ毛を伸ばしたり、増やしたりする効果はありません。
 
ですから、もともとまつ毛が短い方は、まつ毛パーマでカールさせてもあまり効果がないように感じてしまうかもしれません。また、「目尻だけ少しボリュームアップしたい」ということもできません。そういった方にはまつ毛パーマよりもまつ毛エクステをおすすめします。
 
一方、「まつ毛は長いけど下向き」「量が多くてすぐに下がってしまう」「逆さまつ毛で大変」という方は、まつ毛パーマでお悩みを解決することができるでしょう。
目を閉じる女性

しっかり勉強して失敗のないまつ毛パーマを!

日々の手間が省け、濡れてもカールが落ちないまつ毛パーマは確かに魅力的です。でも、「安いから」「手ごろだから」と安易に飛びつくのは危険であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。思い通りのまつ毛にならないだけならまだしも、まつ毛や目の深刻なダメージがあっては大変です。
 
まつ毛パーマを失敗しない為に、まつ毛のタイプやなりたい目元スタイル、さらには安全性や日頃のケアなどしっかりチェックしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。