美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.19

アイリスト

カラーエクステで目立つまつ毛にするには


最近、まつ毛エクステにカラーを加える『カラーエクステ』が注目を浴びています。今回は、カラーエクステの効果や初心者さんでも簡単な取り入れ方、カラーの選び方についてご紹介します。

派手なだけじゃない!カラーエクステの使い方

カラーエクステは、日常使いには派手すぎると思っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。もちろん、インパクトのあるカラーエクステの使い方もあります。
 

でも、付ける位置やカラーの選び方によって、日常シーンでも違和感のないナチュラルな仕上がりにすることだって可能です。
 

それでは、具体的に使い方の例をご紹介しましょう。
 

目尻にアクセントとして使う

ベースのエクステは黒にし、目尻側だけビビッドなカラーエクステをつけます。目立ち過ぎずにおしゃれ感がアピールできるので初心者さんにもおすすめ。

下まつ毛に使う

下まつ毛は短いので、主張もそれほど強くありません。下まつ毛全体にカラーエクステを付けると、アイシャドウを付けているようにふんわりとした色味が出ます。

少ない本数で全体に使う

上まつ毛全体にカラーエクステを付けると目立ち過ぎないかな、と心配な方は、本数で調整を。
 
全体の2割程度カラーを入れると、色味を感じさせつつナチュラルな仕上がりになります。逆に自まつ毛の黒が際立ち、アイライン効果も期待できます。

全体に使ってカラフルに

とにかく目立ちたい方やおしゃれ上級者の方は、まつ毛全体にたっぷりカラーを入れたいですね。
 
何色かのカラーエクステでグラデーションを作ったり、レインボーカラー、ハロウィンカラーなど組み合わせを楽しむのも素敵です。

印象がガラリと変わる!カラーの選び方とは

カラーエクステの醍醐味と言えば、やはり色選びではないでしょうか。自分に合ったカラーを見つけたいですね。

ライトブラウン

最も無難で初心者さんでも取り入れやすいカラーです。特に、ヘアカラーをしている方は、髪の毛に合わせたトーンのまつ毛エクステをすることで、黒よりもナチュラルに仕上がります。肌を明るく見せる効果もあります。

グリーン

意外に思えるかもしれませんが、日本人にとって緑も肌なじみのいい色です。スモーキーな緑を選ぶと落ち着いてスマートな印象を与えることができます。「派手なカラーは心配だけど、茶色じゃ物足りない」という方におすすめです。

ネイビー、パープル

カラーエクステの定番色、ネイビーやパープルは、知的で大人っぽい雰囲気を演出したい方にピッタリです。全体に色を入れると少し古くさくなってしまうので、黒とミックスしたり、目尻寄りに使ったりなど工夫が必要です。

パステルカラー、赤、黄色

パステルカラーや、ポップで元気な色は、おしゃれ上級者のイメージ。目尻に少しだけアクセント的に使うと、アイシャドウのようなニュアンスを出すことができます。

色選びに悩んだときは…

肌や瞳の色タイプに合わせて似合う色を決める、『パーソナルカラー診断』をしてみましょう。あなたの顔色を引き立てるカラーがきっと見つかります。

カラーエクステで一段階上のまつ毛のオシャレを

パーティーを楽しむ女性
今回は、カラーエクステの使い方やカラーの選び方についてご紹介しました。おしゃれ上級者のテクニックと思われがちなまつ毛のカラーエクステですが、意外に普段使いできることがおわかりいただけたでしょうか。
 
初心者さんはまず髪色に近いブラウンや、グリーンから。慣れてきたら、自分のなりたいイメージや肌タイプに合わせてさまざまなカラーを選んでみましょう。パーティーの時には、思いっきり派手なカラーエクステに挑戦してみてください。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。