美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.22

アイリスト

まつ毛をきれいに保つマスカラ下地について

マスカラ下地を塗る女性
自まつ毛が短い、カールをキープ出来ない、ボリュームが出ないなど、まつ毛メイクの悩みは様々です。
 
そういった悩みはマスカラ下地を上手に使って解消しましょう。マスカラ下地を正しく使うことで自然に目力をアップすることができます。
 
今回はマスカラ下地のメリットと、正しい塗り方についてご紹介します。ちょっとした手間で目力を簡単に出すことができるので、ぜひチェックしてみて下さい。

マスカラ下地のメリットって?

マスカラ下地のメリットは主に4つです。

  • カールをキープしてくれる
  • しっかりボリュームを出せる
  • 綺麗なロングまつ毛になれる
  • まつ毛を保護してくれる

マスカラ1本では、どうしても時間が経つにつれカールが取れて下向きになってしまいます。カールキープ力の高い下地を使えば、綺麗なカールを長時間キープすることができます。また、ボリュームもマスカラだけより確実に出すことができます。
 
繊維入りのものなら、ダマにならず綺麗にセパレートしたまつ毛に仕上がります。下地にはトリートメント成分が配合されているものが多く、まつ毛の健康をしっかり保護してくれます。

マスカラ下地でボリュームと長さを出す方法


 
下地は使い方によっては不自然になってしまうこともあります。自然に仕上げるために5つのステップを守って使ってください。

自まつ毛をカールさせる

まずは自まつ毛をビューラーでしっかりカールさせます。マスカラを塗る前と同じように3段階に分けて行いましょう。

上まつ毛に下地を塗る

コーム(ブラシ)を持ったら、まつ毛につける前に軽く下地の量を調節してください。少なめにとることでダマになるのを防ぐことができます。下地を調節したらまつ毛を解かすように均一に塗っていきます。根元からしっかり塗って、そのまま毛先に流すように付けると自然に長さがでます。

  1. 下まつ毛に下地を塗る
  2. 上まつ毛に下地を塗り終えたら同じように下まつ毛にも塗っていきます。下まつ毛は長すぎると派手な印象になってしまうこともあるため、適度な長さとボリュームを心がけましょう。

  3. コームでダマを取る
  4. 全体に下地をぬったら乾く前にコームで溶かしてダマを取っておきましょう。特に繊維入りのものは綺麗にセパレートさせることが大切です。ボリュームタイプはダマが出来やすい特徴があるため念入りに解かしましょう。

  5. マスカラを塗る
  6. なるべく下地が完全に乾く前に塗ったほうが綺麗に仕上がります。マスカラを塗った後も乾く前に溶かしてダマを取りましょう。乾いてしまうともとに戻らないため素早く行うのがポイントです。

 
下を向く女性

マスカラ下地で女優まつ毛を作ろう

今回はマスカラ下地に注目して、メリットと正しい使い方をご紹介しました。
 
最初は手間が増えて面倒に感じるかもしれませんが、慣れればそんなに時間はかかりません。仕上がりが大きく変わるのでメイクも楽しくなります。下地を上手に使えば女優さんのようなボリュームのあるまつ毛を作ることができます。
 
今回ご紹介したポイントを意識してぜひ実践してみてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。