美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.15

アイリスト

まつ毛エクステの毛質の種類まとめ

楽しそうに話す女性
まつ毛エクステのサロンによって、まつ毛エクステの毛質の種類が異なります。
 
ここでは、まつ毛エクステに使われている人気の毛質の種類や特徴をご紹介しています。また、なぜそのまつ毛エクステが選ばれているのかも合わせてご説明いたします。

まつ毛エクステとは?

一般的なサロンで使用しているまつ毛エクステは、ナイロン素材の人口毛でできています。
 
自まつ毛の根本1~1.5mmほど離して、特殊な接着剤を使用して人口毛を接着し、マスカラやつけまつ毛のいらない目元になれる施術です。
 
まつ毛エクステの毛質の種類や太さ、長さ、カールなどを選択して自分に合う目元を楽しむことができます。

サロンで多く使われている毛質の種類

現在多くのサロンで使われているまつ毛エクステの毛質の種類は大きく分けてセーブル・ミンク・シルクの3種類になります。
 
前述したように全て人口毛でできているのですが、それぞれ違いがあります。
 

セーブルエクステの性質

セーブルエクステは手触りや付け心地がよく、自まつ毛にも馴染みやすいのが特徴です。
 
ばらつきやごわつきが少なくとても柔らかい毛質で、お手入れもしやすいのも魅力。自まつ毛にかかる負担 も少なく、まつ毛エクステのもちも良いことから、思わずつけていることを忘れるほど違和感がありません。
 
今回ご説明している3種類の中で1番自まつ毛に近く、自然な仕上がりをご希望の方には特におすすめです。

ミンクエクステの性質

ミンクエクステは自まつ毛と密着しやすく、まつ毛エクステのもちが良いのが特徴です。
 
付け心地も軽く、付け替えするには通いやすい価格なので人気があります。パッチリとフサフサな目元を演出させたい方におすすめです。
 
ミンクエクステの中には本物の動物の毛をまつ毛エクステ用に加工したものもありますが、エクステの太さに違いがあり、カールが取れやすく価格が高いので一般的にはあまり使われていないようです。

シルクエクステの性質

シルクエクステはこの3種類のエクステの中で1番安価ですが、上記の2種類に比べると毛質が硬めでもちも少し劣ります。
 
しかしながら、硬めの質感で弾力に優れているためカールが取れにくいという特徴があります。
 
ミンクエクステに比べるとツヤ感があり、なんといっても価格が安くて試しやすいところがシルクエクステの魅力です。気軽にまつ毛エクステをお試しされてみたい方におすすめです。

まつ毛エクステの毛質種類を把握して選ぼう

目のアップ
今回ご紹介した3種類の毛質の中ではセーブルエクステが1番柔らかく、付け心地もよいことから価格も高めになっています。
 
まつ毛エクステにこだわりのある方にはおすすめですが、価格は高めになりますので比較的リーズナブルでまつ毛エクステのもちもよいミンクエクステが人気のようです。
 
まつ毛エクステの付け足しや付け替えなどでサロンにリピート しやすい価格がミンクエクステの根強い人気の秘訣と言えるでしょう。

Author:美プロ編集部

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。