美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.05

作成:2017.03.17

アイリスト

まつ毛の乾燥には美容液がおすすめ

シャワーを浴びる人
 

空気が乾燥する季節は、肌と同様でまつ毛も乾燥してしまうのです。肌のお手入れをしっかりしている人は多いですが、意外と忘れてしまうのがまつ毛のケア。まつ毛エクステを付けている人も、エクステを長持ちさせるためにも乾燥対策をしっかりと行いましょう。

 

ここではまつ毛の乾燥を防ぐ方法や、おすすめのまつ毛美容液を紹介します♪乾燥対策の参考にしてみて下さいね。

まつ毛の乾燥を防ぐには

まつ毛は肌や髪の毛と同じで乾燥すると傷んでしまいます。伸びが悪くなって、成長する前に抜け落ちてしまいますし、まつ毛エクステをしている人は、エクステのもちが悪くなって自分のまつ毛が減ってしまうので注意が必要です。

 

このようなことにならないよう、乾燥を防ぐには、とにかく保湿をすることが重要です。おすすめなのはまつ毛に「美容液」を塗ることです。まつ毛用の美容液がない場合は、顔用クリームやワセリンを塗るだけでも乾燥対策になります。

 

乾燥対策をするタイミングは、朝マスカラを塗る前と、夜のお風呂上がりがおすすめです。特にお風呂上りはたっぷりと美容液などを塗るようにしましょう。

まつ毛の毛穴ケアも重要

乾燥対策には、まつ毛の毛穴ケアも重要です。まつ毛の毛穴に、メイク落としで落としきれなかったマスカラやアイシャドウのカスが残っていると乾燥を招く原因になります。

 

ゴシゴシ洗うのはまつ毛が傷む原因になるので、目元のメイクは専用のものでしっかりと落とすようにしましょう。

肌にも良い加湿器がおすすめ

まつ毛の乾燥を防ぐためには、加湿器の使用がおすすめです。

 

「え?まつ毛のために加湿器?」と思うかもしれませんが、部屋を加湿するのは肌にも喉にも良い効果があるので、とてもおすすめです。肌や喉の乾燥を防ぐイメージが多い加湿器なのですが、まつ毛や髪の毛の乾燥防止にも効果的なのです。

 

最近はナノイーが発生するものや、自分好みのアロマオイルを使って好きな香りにできるものもあります。特に冬は乾燥対策をしっかりと行いましょう。

まつ毛の乾燥予防にオススメ!まつ毛美容液

フェイスケア
乾燥予防におすすめのまつ毛美容液のタイプを紹介します。

まぶたに塗るタイプ

この美容液はまぶたに塗るタイプで、チューブタイプになっている商品が多く販売されています。まつ毛はもちろん、まぶたの保湿も同時にできるので毎日メイクをしてまぶたの乾燥が気になる人にもおすすめです。

オイルを使用していないもの

オイルを配合していないまつ毛美容液は、まつ毛エクステを付けている人でも安心して利用できるものです。まつ毛エクステをしているけど、同時にまつ毛の育毛もしたいという人には、オイルを使用していないタイプがおすすめです。最近では、まつ毛エクステを付ける人が増えていることから、美容液自体に「まつエクしたまま付けられる」などと書かれている商品もあります。

マスカラと併用できるもの

マスカラの下地やトップコートとしても使えて、寝る前にたっぷり塗れば美容液にもなる万能な商品です。まつ毛エクステにも使える商品もあり、メイクしている間もしっかり保湿したいなら、このようなタイプを探してみてくださいね。

乾燥が大敵なのはまつ毛も同じ!こまめな対策を

ケア商品
 

まつ毛は毎日数本ずつ抜け、3か月ほどで生え変わるようになっています。しかし、まつ毛が乾燥して傷んでいると、この周期が乱れてまつ毛が短くなったり本数が少なくなったりしてしまいます。

 

そうならないためにも、まつ毛の乾燥対策はしっかりと行いましょう。お肌のお手入れをするのと同じように、まつ毛のケアも習慣にして毎日続けることが大切です。乾燥対策をしっかりして、ハリのあるフサフサのまつ毛を目指しましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。