美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.03.22

アイリスト

年齢を重ねてもつけまつげは使用できる?

アイメイクをされる女性
世間的につけまつげは、10~20代の女性が使用するイメージがあります。けれども年齢を重ねた女性ほど、つけまつげを使用した方が良いのです。その理由と上手な活用法を紹介します。

加齢の影響がある目元をカバーできる

女性は加齢によって、まつげの量が減ったり、残ったまつげも細くなったりします。まぶたも弛んで目元が寂しくなりがちです。
 
そのままでは老けた印象の顔に見えてしまっているかもしれません。アイライナーやシャドウでカバーしても、何か物足りないというときにおすすめなのがつけまつげです。
 
まつげに存在感を持たせれば目を強調してくれるので、メイクを濃くしなくても華やかな印象を与えてくれます。肌の状態が変化して、若い時ほどファンデーションやチークののりも悪くなりがちなので、まつげでカバーできるのはかなり重宝します。

大人のつけまつげは「ナチュラル」を目指して

けれども、10~20代と同じつけまつげを使用すると、不自然だし悪い意味で目立ちすぎてしまいます。若い頃は派手なメイクをしても問題はありませんが、年齢を重ねていくと違和感がでたり、却って年を感じさせてしまいます。
 
大人の女性がつけまつげを使用する時は、あくまでも自分のまつ毛を補いつつ、なじんでくれる「ナチュラルさ」が重要です。
 
むしろ存在感を強調しないのが、ちょうど良いくらいでしょう。つけるのは上まぶただけにしたほうが無難です。

まつげの不足を補うつもりで使用する

まつげケアをする中年女性
年齢を重ねた女性がつけまつげを選ぶ時は、人工的に見えないものにしましょう。
 
例えば毛の量が少なく、細めで、密度が低く、ストレートで、ブラウンなど色が薄いタイプです。それだけで見ると物足りなく感じますが、自分のまつげと合わせるとちょうど良くなるでしょう。
 
逆にバサバサするほど毛の量が多かったり、黒味が強かったりすると、自分の顔から浮いてしまいます。くすみや垂れたまぶたがあると、目元が翳っているので、黒くするのは逆効果です。接着面のラインも透明なタイプにしましょう。
 
そのようなつけまつげを使っても量が多いと感じたり、なじまなかったりする場合は、ハサミで毛を切ってカスタマイズします。
 
必要な大きさに切り分けて、自分のまつげが足りない部分だけにつけても良いでしょう。目を大きく見せるために目尻からはみ出すほどつけるのはNGです。

つけまつげを上手に使用して美しい大人に

ナチュラルで綺麗な方
加齢でまつ毛が寂しくなった女性ほど、つけまつげは使用したいものです。ただし、若い頃と同じではなく、年齢相応のナチュラルなつけまつげを選びましょう。100均ショップで売られているような人工感が強いものより、毛が柔らかくて上質なつけまつげの方が、値は張りますが適しています。
 
つけまつげを使用する時は、目を強調するのではなく、不足を補うつもりでつけるのがポイントです。時には自分に合うように、カスタマイズすると良いでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。