美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.02.04

作成:2017.03.23

アイリスト

つけまつげを保管するケースの選び方


 

外した後のつけまつげは、ケースに入れて保管すると長持ちします。どのようなメリットがあり、数あるケースの中からどのような物を選べば良いのか、デザインや利便性などケースの選び方のポイントを紹介します。

ケースを使えば便利でつけまつげが長持ちする

1回使ったつけまつげは、自分に似合うようにカスタマイズされています。2回目からは毛の位置やカールを調節したり、目のカーブに合わせて曲げたりする必要はありません。外すたびにゴミや不要なのりを取り除き、無理に毛を引っ張らないようにすれば数ヶ月は持ちます。

 

けれども、外したつけまつ毛を手近な缶やフィギュアに貼りつけるなど雑な保管をしていると、失くしたりホコリがついたりします。ケースに入れておけば、そのような心配がなく、持ち運びにも便利です。

 

ピルケースやヘアピンケース、アクリルケースなど、代用できるものもありますが、つけまつげは専用のケースで保管するのが一番です。仕切りがついていたり、2段重ねになっていたりするので、つけまつ毛の種類ごとに分けられたり、のりやキットを一緒に保管できるのも便利ですね。さらに、鏡がついているケースもあるのでケースを外出先にも持ち歩けば急に外れてしまった場合にも直す事ができますよ。

 

つけまつげのケースを選ぶ基準は実用性とデザイン

つけまつ毛のケースにはたくさんの種類があり、どれを選んで良いのか迷ってしまいます。100均でも種類豊富に売られており、実用性にも優れています。選び方の基準としては、「つけまつげの形を崩さずに保管できるか」「ケースの中でごちゃ混ぜにならないか」をという点を重視したいところです。

 

特に、つけまつげ用の台が収納されているケースなら、外した時の形状のまま乗せられるので、次もそのまま装着できカールが崩れる心配もありません。無ければつけまつ毛を購入した時についていた台やくぼみを切り取って入れても良いでしょう。

 

ケースのデザインもこだわりたいところですよね。つけまつげは、いつ外れるか分かりません。みんなが見ている前でつけ直す可能性もあります。当然、ケースも見られます。キャラクターがデザインされた可愛いタイプや、スワロフスキーで飾られたゴージャスタイプなど、お気に入りのケースを選ぶことで持ち歩く時に気分があがりますね。

 

欲張って2つのケースを使う方法もあります。つけまつげの種類ごとや、普段使いと予備など、様々な分け方もおすすめです。

 

つけまつげと同様に、ケースも全体を掃除し清潔を保つようにしましょう。のりのカスやホコリがたまると、せっかくのつけまつげが劣化したり目元に装着するものなので眼病を引き起こしたりします。中身を全部取り出してから、メガネ拭きなどの柔らかい布で拭き除菌ペーパーなどでしっかり拭き取りましょう。その際、完全に乾かしてからケースにまつ毛を保管してくださいね。

 

ケースで毎日のつけまつ毛使いを簡単に

つけまつげ用のケースを使えば、お気に入りのつけまつげをキープし、外した時のカールやカーブのまま保管できるので、とても便利です。のりやキット、予備のつけまつ毛も一緒に保管できれば、一度に必要なものが揃うので、すぐに付けられるでしょう。

 

選び方の基準は実用性とデザインです。両方を兼ね備えたケースがたくさん販売されています。つけまつげの形をキープして保管したいのか、必要なものを欲張って入れたいのか、自分のニーズに合わせて選びましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。