美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.04.28

作成:2017.04.27

アイリスト

ラインストーンデコまつげの簡単手作り方法

デコグッズに囲まれるパソコン
 
ラインストーンを散らしたものや、ラメが散りばめられたものなどいろいろな種類があるデコまつげ。お店でも売っていますが、最近は自分で手作りしてオリジナルの物を作っている人がたくさんいます。
 
「デコまつげを手作りするのってなんだか大変そう」と思うかもしれませんが、ラインストーンを使ったデコまつげは意外と簡単に作る事が出来ます。

手作りデコまつげに準備する物

まずは、デコまつげを作るときに必要なものを紹介します。

  • 好きなデザインのつけまつげ
  • ラインストーン
  • 接着剤(ネイルグルー、瞬間接着剤など)
  • つまようじ、ピンセット

これ以外にも、ラメを散らして華やかにしたい時にはラメマニキュアやラメグリッターがあると良いでしょう。
 
最近は100円ショップにもたくさんの種類のラインストーンがあります。また、ネイル用品を取り扱っているお店に行けば、より多くの種類のラインストーンがありますし、グルーもラインストーンを固定するのに適したものがあります。

手作りデコまつげの作り方

パーティー中の女性
 
材料が準備できたら、さっそく作っていきましょう。
 
まずは、自分の目の大きさや、なりたい目に合わせてつけまつげをカットします。次に、ラインストーンをつけまつげに並べてデザインを決めていきましょう。この時、たくさんラインストーンを載せるとまつげが重くなったり派手すぎてバランスが悪くなったりするので、ラインストーンのつけ過ぎには注意して下さい。
 
そしてデザインが決まったら実際にラインストーンを付けていきます。ラインストーンを載せる前に、ラメのマニキュアを散らしておくとキラキラしてとても可愛いのでおすすめです。
 
ラインストーンに接着剤を付ける時は、つまようじで1滴ずつ付けましょう。付けすぎると乾いた時に汚くなってしまいますが、付けなさすぎるとラインストーンがしっかり固定されないので、適度な量をつけるようにして下さい。
 
心配な人は、何度か練習してから付けるのがオススメです。接着剤でラインストーンを付けたら、しっかりと乾かしましょう。できれば、1日くらいは乾かすのが理想です。

オススメのラインストーン

デコまつげを作るときに、ラインストーン選びはとても重要です。あまり大きいものだと存在感が強すぎるので、小さなものを2,3個付けるくらいがおススメです。
 
使いやすいラインストーンは100円ショップのものです。100円ショップのネイルコーナーには、たくさんのラインストーンが置いてあります。つけまつげも売っているので、材料を全て揃える事ができます。

デコまつげはいろいろなシーンで活躍できる

上を向く女性の目
 
デコまつげと聞くと、派手な印象が強くギャルっぽくなるのではと感じるかもしれませんが、そんな事は全くありません。
 
最近では、結婚式の時にドレスに合わせてデコまつげをつける花嫁さんがたくさんいます。デコまつげはつけまつげの種類とラインストーンの大きさに注意して選べば、とても印象的な可愛いらしい目元を作る事ができるのです。
 
手作りでも簡単に作る事ができるデコまつげ、まずは小さなラインストーンを使って作ってみてはいかがでしょうか?クリスマスやパーティーなどのイベントで、他の人と差をつけて目立つ事間違いなしです!

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。