美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.28

作成:2017.02.23

アイリスト

アイリストが注意したい逆まつげの施術

一重まぶたの女性
まつげエクステをご検討中のお客様の中には、逆まつげの方もいらっしゃいます。逆まつげとは何なのか、まつげエクステにおいてどのようなリスクがあるのか、きれいにまつげエクステを付けるための方法についてご紹介します。

逆まつげとは?

そもそもまつげとは空気中に漂っているゴミやホコリ、小さな異物などから目を守るためにあります。上まつげは上に向かって、下まつげは下に向かって生えているのが通常の状態ですが、このまつげが逆の方向に向かって生えた状態を「逆まつげ」と呼んでいます。
 
まつげが逆さ向きに生えるということは、まつげの先が角膜など眼球を傷付けてしまい、炎症を起こすなど、眼病の原因ともなりかねません。
 
逆さまつげは上まぶただけでなく下まぶたにも生えてきます。誰にでも生える可能性がありますから、決して他人ごとではありません。アイリストとして働いていたら、逆まつげのお客様を対応することもあるでしょう。
 
では、実際に逆まつげのお客様にはどういった対応が求められるのでしょうか。

逆まつげでもまつげエクステは可能です

一重の目にまつ毛エクステ
逆まつげでもまつげエクステをしたい、と来店されるお客様もいらっしゃると思います。結論から言うと、逆まつげの方でもまつげエクステは可能です。
 
その方法とは、強いカールにすることです。弱いカールをつけてしまうと、まつげエクステが下に下がり、まつげで黒目が隠れてしまいます。さらに、元々下に下がっているまつげに対して弱いカールを付けると、目にまつげが入って痛みを伴う可能性があり、さらには目も小さく見えてしまいます。

まずはまつげパーマをおすすめするのもあり

逆まつげの状態を見て、まつげエクステのみでは危険だと判断した場合、まずはまつげパーマをおすすめするのもよいでしょう。
 
ビューラーやマスカラだけではやはりカールに限界があるため、サロンでしっかりプロの手で施術することで、逆まつげのお客様にもぱっちりした目元を演出させてあげることができます。

逆まつげでのまつげエクステにおけるリスクについて

カウンセリング
逆まつげでもまつげエクステをつけたいお客様に対しては、いつも以上にリスクについてご説明する必要があります。
 

  • お客様の眼球を傷付ける可能性がある
  • すぐに外れてしまう

 
この2点については施術前に必ずお伝えするようにしましょう。また、カールを強くすることでまつげエクステの装着は可能ですが、お客様のまつげの生え方や状態をしっかり見てから決断するようにしましょう。
 
逆まつげでもまつげエクステやまつげパーマを楽しむことはできますが、お客様の状態を見て、よくお話を伺ってからおすすめするようにしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。