美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.07

作成:2017.02.02

アイリスト

海外のまつ毛エクステ事情とアイリストのこれからの活躍の場

国旗

 

マツエクの発祥地は実は韓国?

飛行機

今では一般的なおしゃれの一つとなった「まつ毛エクステ(以下「マツエク」で統一)」。
ただ、これの発祥地がどこなのか、日本国外ではどのような扱いがなされているのかは知らない、という人も多いのではないでしょうか。

マツエクの発祥地は「韓国」です。
「え?ヨーロッパじゃないの?」と思ってしまった人もいるかもしれませんね。

マツエクは「つけまつげ」よりも後に出てきた概念です。
つけまつ毛を作っている工場が、余ってしまったつけまつ毛用のまつ毛を利用できないか、と考えたことから、マツエクという考え方が広まりました。
マツエクは、1980年代~1990年代にかけて受け入れられるようになってきたものであり、現在のようなかたちが確立されたのは、2000年に入ってからだと考えられています。現在は一般的に利用されるですが、実はそれほど歴史が長くないのです。

日本人アイリスト」の活躍は日本国内にとどまらない

空港

マツエク発祥の地は韓国ではありますが、日本はそれをさらに発展させていきました。
日本人の几帳面さゆえか、それとも探求心ゆえか、さまざまな種類のマツエクが開発され、接着剤の安全性にも気を配り・・・・・・と「より美しく・より安全に」を追求して、日本のマツエクとつけるための技術は発展させています。

つまり日本で「アイリスト」として働いている人というのは、海外でも「資格を持っている人間」「高いクオリティを誇る日本で、マツアクを扱ってきた人間」として扱われます。実際にマツエクのコンテストでも、日本人のアイリストが何人もランクインしているのだとか。

このようなことから「海外で活躍すること」を目的としてアイリストになる人や、より幅広い活躍を目指して海外に出ていくアイリストもいます。
また「プロケア アイラッシュ 」のように「海外勤務」を前提とした求人を出しているところもあります。
「海外で働くアイリスト」「世界でも自分の腕を試したい」という人は、海外での仕事を前提としている求人情報を探すのもよいでしょう。

諸外国(中国など)では美容師資格を持っていなくてもアイリストになることはできますが、日本では、マツエクを扱う「アイリスト」になるためには、原則として資格が必要です。
「海外でアイリストになりたいのなら、美容師資格はいらない」としているところもありますが、やはり資格はとっておいたほうがよいでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。