美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.09

作成:2017.02.07

アイリスト

まつ毛エクステだって3Dの時代! 3Dマツエクの魅力について

ボリュームたっぷり!もともとのまつ毛が少ない人でも大丈夫

「まつ毛エクステ」は、自分のまつ毛1本に対して人工のまつ毛を1本くっつけていき、まつ毛をボリュームアップさせる方法です。

ただこの方法の場合、もともとのまつ毛が少ない人だと、あまりくっつけられず、期待していたほどのボリュームがでない、ということも。

そこで出てきた考えが「3Dまつ毛エクステ」です。

これは、1本のまつ毛に3本の人工まつ毛をくっつける、という方法です。このときに使われる人口まつ毛は従来のものより細く、重さもありません。1本のまつ毛に複数本のまつ毛をつけられるため、もともとのまつ毛が少ない人でもボリュームたっぷりのまつ毛が手に入るのです。

加えて、この「3Dまつ毛エクステ」は従来品の4分の1~3分の1程度の重さであるため、目やまつ毛に加わる負担が少ないというメリットもあります。

また、比較的持ちがよく、長い間つけていられるのもうれしいポイントです。

3Dまつ毛エクステをするのなら、こんなところに気をつけて!

3Dまつ毛エクステは「つけ心地のよさ」「しっかりボリュームが出ること」「軽い」「自然な仕上がりになる」ということが大きなメリットです。

ただ、この3Dまつ毛エクステという概念は、2016年ごろから着目されはじめたとても新しいもの。新しい技術であることに加え、とても高度な技術なので、3Dまつ毛エクステを扱っている店舗はそれほど多くないのが残念です。また、とりつけにかかる時間は一般的なものよりも長いので、時間に余裕があるときに予約してください。

ちなみにここでは「3Dまつ毛エクステ」のことを取り上げましたが、実は「4D」「5D」などもあります。これは1本のまつ毛に対して、4本(5本)をつけていく、というもの。ただ、いくらこれらのまつ毛エクステが従来品よりも軽いとはいえ、あまりにも多すぎる量をつけてしまうと、やはり自分のまつ毛に負担がかかってしまいます。また、不自然になってしまうことも。

「自然な状態」「適度なボリューム」を演出できるのは、やはり3Dまつ毛エクステでしょう。

自分のまつ毛が少なかった人の救世主となり、重いマツエクに疲れ切っていた人の新たなサポーターとなる「3Dまつ毛エクステ」。

お近くのサロンでやっていたのなら、ぜひ試してみてくださいね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。