美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.17

作成:2017.02.06

アイリスト

普通のつけまつげじゃ嫌!差をつけるつけまつげメイク

目元

 

つけまつげにどんな種類があるのか

青い目元

 

つけまつげを会社につけていくのであれば、派手すぎるものは避けるべきでしょう。ただ、プライベートのときは派手にしたい」「遊びにいくときには人目をひくものにしたい」「イベントのときには目元も華やかにしたい!」という人もいるはず。

そんな人のために、現在ではさまざまな派手なつけまつげが売られています。

たとえば、目尻の方に羽がついたもの。黒い羽も良いのですが、より派手にしたいと思うのであれば赤色や紫のものをチョイスしましょう。

また、つけまつげ全体が青色や紫色、グラデーションになっているものもインパクトがあります。

「つけまつげ」ではありませんが、「(ペーパー)アイラッシュ」を使うという方法もあります。

これはまぶた(アイライナーを引く部分)に、つけまつげ用の接着剤を使って貼りつけるもの。

ハロウィン仕様の植物や猫、カラスなどをモチーフにしたものがあります。これはとても目立つもので、一気に「ハロウィン感」を作り出してくれます。

それ以外にも、ラインストーンをのせたつけまつげもあります。「目元をきらきらさせたい!」という人はこれもおすすめです。

オリジナルでつくるつけまつげ

ビューラー

 

「既製品もいいけれど、自分だけのつけまつげを作りたい」

「もっと派手なつけまつげがいい!」

「もっと自分好みのつけまつげを作りたい」

ということであれば、オリジナルで作るのもよいでしょう。

100円ショップなどで売られている羽やラインストーンをつけまつげにつけて仕上げていくのです。この場合「自分好みのオリジナルデザインのつけまつげを完成させられる」という大きなメリットがあります。なお、業者に発注することもできますが、多くのところは「1000ロット単位での発注になる」としているので、頼むのは現実的ではありません。

ただ「派手だけど、自然にも見せられるラインを探りたい」ということであれば、美容サロンに頼るのもよいでしょう。つけまつげを扱っている美容院のなかには「お客様一人ひとりの要望を聞いて、美しいつけまつげを作っていく」というところもあります。

「日常使いでも不自然ではないラインでの派手なつけまつげ」を、プロの手で作り上げたい人はぜひどうぞ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。