美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.10

アイリスト

婚活パーティーをもっと有利に! アイメイクで縁を掴め!

メイク道具

 

アイメイクの、婚活で与える印象は好意的!

メイクアップ

 

ブライダル総研の「恋愛・婚活・結婚調査2015」によると、「婚活」に対して、「積極的でよいことだ」と思っている人が全体の56パーセント。「頑張っていてすばらしい」と思っている人が40パーセント程度と、かなり好意的な見方がされています。

年頃になれば、だれかがお見合い写真を持ってきて・・・という時代ではなくなった現在、積極的に婚活をするのは珍しいことでもなく、一般的なのです。

さて、そんな「婚活」ですが大切なのは、「表情」になります。

恋愛・結婚マッチングサービス「paris」の調査によれば、男性が見ている女性の部位は、「顔」なのだそう。

中でも、「目」は重要な要素です。「目は人柄を表す」とも言われているように、目の印象は、その人のイメージを左右します。

婚活メイクは「ナチュラル」がキーワード

メイクアップ

 

男性が「良い」と思う顔と、女性が「良い」と思う顔は違うのです。

特に婚活の場合、相手は「この人と一生一緒に生きていけるかどうか」「人生のパートナーとしてふさわしいかどうか」を見極めます。

結婚相手にふさわしいのは、派手で美しい人よりも、つつましやかでかわいらしい印象の人。

そのため、婚活メイクもそれに寄り添ったものとなります。

アイシャドーは、ブラウン系やピンク系といった暖色系を中心に。寒色系はクールな印象になってしまいます。ピンク系の色は、私も実際に試しましたが、まぶたが腫れているようにみえかねないので、のせすぎに注意しましょう。また、ブラウン系列の色とあわせたり、ピンクをアクセントに使ったりするのも良い方法です。

マスカラは、ブラウン系の優しい色合いのものを選びます。つけまつ毛は絶対にダメ!ではありませんが、基本的には自前のまつ毛で勝負しましょう。

アイライナーもブラウン系を選びます。いわゆる「囲い目メイク」は、それほど良い印象を抱かれないので気を付けてください。また、アイラインは短く引いた方が、婚活に適した優しい顔が作れます。

ごてごてしたメイク、気合の入りすぎたメイクは逆に引かれるので、あくまで自然なメイクを心がけましょう。ただ、ノーメイクはやっぱりNG。大人の女性の化粧はマナーですし、ノーメイクで行くと「あなた相手に化粧をしてやる気はない」と思われてしまいかねません。

現在は婚活用のメイクを教えてくれるスクールがあります。

「メイク自体が初心者だ」という人は、スクールに通うのも良いですね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。