美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.15

アイリスト

まつ毛エクステをやめたい! そう思った時に読む記事

まつ毛エクステ、やめた人が半数以上

まつ毛のアップ画像

 

ジャストシステムがとった「まつ毛エクステに関する利用状況調査」では、「まつ毛エクステをやめた人」が半数を超えている、ということがわかりました。

その理由のなかで最も多いのは、「メンテナンスのためにサロンに行くのが面倒だ」というもの。この回答をしたのが全体の32.4%もいました。

2つめが「日常生活において不便だったから」というもの。「洗顔に気を使うのイヤ」と「目がこすれなくなる」などの理由があがっていました。

3つめは「経済的な理由」です。まつ毛エクステは店によって違いがありますが、4000円以上かかることがほとんどです。まつ毛エクステはだいたい1か月程度(まつ毛エクステの品質やアイリストの技術、ケアによって前後はします)ですから、毎月これくらいの金額が飛んでいくことになります。

「面倒さ」「不便さ「金銭的な事情」はまつ毛エクステのデメリットと言えるでしょう。

もう一度考えたい、まつ毛エクステのメリットとは

まつ毛の美しい女性の画像

 

ただ、同社が取った「まつ毛エクステの利用教協に関するアンケート」 では、「まつ毛エクステをやっていてよかったこと」もピックアップされています。

そのトップが、「メイクにかけなければならない時間が少なくなること」であり、これが45パーセントを越えていました。また、「自分の顔に自信が持てるので鏡を見た時に満足できる」が30パーセント越えとなっています。
「目が大きい、と言われた」という層も2割を超えています。

特に「メイクにかける時間を減らせる」のは、まつ毛エクステの持つ大きな魅力でしょう。アイライナーやつけまつ毛をつけずとも目元が美しくなるのは、非常にありがたいものです。

もちろん、あなたが「サロンに行くのも面倒だし、日常生活で不便も感じる。お金もかかるからまつ毛エクステをやめたい」と考えるのであれば、その選択は間違っていません。

ただ「まつ毛エクステをやめたいけれど、たしかにメイクにかける時間は短縮できる。でも・・・」と迷っているのなら、一度専門家に相談してみるのがおすすめ。

あなたの「まつ毛エクステをやめたい」という理由が、たとえば「違和感がある」「肌が荒れてしまった」などであるのなら、アイリストに相談することで状況が改善するかもしれません。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。