美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.01.29

作成:2017.02.10

アイリスト

まつ毛エクステは、花粉症の方におすすめ!


 

今や国民病と言われる花粉症にかかっている人が多い現代ですが、花粉症はとてもつらいもの。目が痒かったり、鼻水が出たりお顔が腫れてしまったりなどの個人差はあるようですが、まつ毛エクステを付けていても症状を軽減できる方法をご紹します!

花粉症の女性にはこんな悩みが…

花粉症になると、鼻水やくしゃみが止まらなくなったり、頭がぼんやりして集中力を切らしてしまったり、目がかゆくなったり…。不快な症状がたくさん現れますが、女性には他にも、花粉症による特有の悩みがあります。

 

それは、花粉症の時期の毎日のメイク。かゆみを我慢できずに目をかいてしまうと、せっかく頑張ったメイクも崩れてしまいます。また、目のまわりの皮膚はとてもデリケートなので、目をこすることで粘膜や眼球を傷つけてしまい、症状を悪化させてしまう恐れも。メイクによってかゆみや腫れが生じる可能性もあるので、花粉症のときは様子を見ながらメイクをしなければならないのです。

 

花粉症の時期に、まつ毛エクステが役立つ?

花粉症の時期になると、メイクをしたくなくなるという方も多いでしょう。マスカラやアイライナーが目に刺激を与えてしまったり、かゆみを感じて目をこするとメイクがよれてしまったり。できればアイメイクは避けたいものですよね。

 

しかし、目もとに何もしないのは寂しい…と感じるでしょう。

そんなときに役立つのがまつ毛エクステです。まつ毛エクステをしていれば、マスカラやアイラインがなくても、ボリュームがあって美しい目もとを手に入れられます。化粧崩れを気にせず、目もとの印象を変えられるのです。

 

まつ毛エクステを扱うサロンのなかには、花粉症の時期になると、通常よりも柔らかい接着剤に替えるという工夫をしているところもあります。柔らかい接着剤を使用することによって、万が一目をこすってしまっても、自まつ毛へのダメージを少なくしてくれるそうです。

 

まつ毛へのダメージを考慮してくれるのはとても嬉しい事ですね!目元に不調がでる季節だからこそまつ毛へのケアが重要なのです。かゆみがひどいときは、一旦まつ毛エクステをお休みしてあげてくださいネ。毎日酷使しているまつ毛を労わってあげましょう。

 

花粉症の時期の、まつ毛エクステの注意点

まつ毛にも毛周期があり自然と抜け落ちるタイミングが必ず訪れます。花粉症の時期は寝ている間にかゆみが止まらなくなることもあり、無意識に目をこすってしまいます。

 

自まつ毛に対し、接着剤などの重さによる負荷をかけていることはいなめません。花粉症の時期はメイクがうまくいかない事もあり、そんな時こそまつ毛エクステが役に立つのですが、目をこする事が多い季節は、自まつ毛ごと抜けてしまうなんてことが多いかもしれませんね。

 

少しでも症状を和らげるために、「帰宅後のうがい・手洗い・洗顔」「洗顔後、ドライヤーの風でエクステについた花粉を落とす」などといった自宅でのケアも併せて必要です。

 

また、まつ毛エクステサロンで行える対処法として「目頭は極力あけて、エクステを付けるスタートの位置をずらす」「いつもより細く、短めのエクステに変更してみる」などとやり方は色々あります。行きつけのサロンで、施術前にアイリストと相談してみましょう♪

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。