美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.02.24

アイリスト

サロンの評判アップにアイリストができる事

目をつむる女性
まつ毛エクステなど美容系サロンは、コンビニの数の約4倍といわれており、非常に競争の激しい状態になっています。お客様にたくさん足を運んでいただき、売り上げを獲得することは大事ですが、そのためにはお客様に選ばれ、愛され続けるサロン創る必要があります。そんなサロンを創るためにアイリストが持つべき考え方について、ご紹介します。

「自分がお客様だったら」を常に意識

アイリストがお客様に気に入っていただけるサロンづくりを考えたとき、一番大切なのは、「お客様の目線で考える」ということです。自分がまつ毛エクステを初めてつけるとき、初めてサロンを選ぶとき、何を重視して、どんなサービスを受ければ満足できるか、これを忘れてはなりません。

インターネットはお客様の不安を取り除くツール

HP制作
洋服や雑貨とは違い、飲食店や美容院は自分がサービスを受けてみないと善し悪しがわかりません。ですが、インターネットが普及した現在では、サロン紹介のサイト、ブログやアプリもあり、実際に足を運ばなくてもサロンの雰囲気を知ることができます。
 
お客様は、初めてのサロン選びこそ失敗したくないと考え、インターネットからなるべく情報を得ようとします。サロンのコンセプトや雰囲気を伝える写真、アイリストの紹介、メニューの種類など、なるべくたくさんの情報をお客様にお伝えし、ご来店前に少しでもお客様の不安を取り除き、安心して足を運んでいただけるようにしましょう。

顧客様からの評判が一番の広告

サロンを選ぶ際に大きな決定打となるのは、すでにサロンに足を運んでくださった方々からの評判、口コミといっても過言ではありません。サロン側から満足していただけるであろうサービスを提供することはもちろんですが、実際にそのサービスを受けた顧客様の評判は、これからサロンに足を運ぼうとする新規のお客様にとっては大きな判断要因となります。
 
多くのメディアに広告を掲載するよりも、口コミ数が充実しているサロンの方が、新規のお客様とって信憑性に足るものになります。ですので、一度ご来店いただいたお客様には、積極的にサロンでの体験を感想としていただくようにしましょう。
 
インターネットサイトへの書き込みや手書きでのアンケートをいただき、ホームページに掲載する許可をいただくことも効果的です。

何度も来ていだける仕掛けづくり

ポスト
サロン情報や評判から新規のお客様を取り込んだ後、肝心なのは一度ご来店いただいたお客様にリピーターになっていただけるようなアフターフォローを充実させることです。お直しの時期のご提案、おハガキやメールなどでの術後の様子をお伺いするなど、施術のあとのお客様の不安と満足に寄り添うことが大切です。
 
サロンを後にするとき、またここに来ようと思っていただける心配りを意識しましょう。先ほど重要とお話ししたサロンの評判も、顧客様へのアフターフォローの積み重ねで生まれるものであると肝に銘じましょう。

愛されるサロンを創るのは

サロンの評判の良し悪しも、お客様との接客が最も重要なのは言うまでもありませんね。技術はもちろんですが、お客様の心に寄り添えるアイリストを目指しましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。