美容スペシャリストな自分になるために

2016年5月26日更新

ネイリスト

爪を長くしたい時に大活躍の“スカルプチュアネイル”と“ネイルチップ”!


「爪を長くしたい」というお客様の要望があった時、どういった施術方法が適しているかあなたは知っていますか? ネイルにはいくつかの施術法がありますが、ジェルネイルは自爪にコーティングを行う施術方法なので長さを出すのには向いておらず、ポリッシュネイルも自分自身の爪を伸ばすものなので爪が折れたり、はがれたりしてしまうリスクがあります。そんな時にオススメなのがスカルプチュアネイルとネイルチップ。
 
スカルプチュアネイルとネイルチップは両方とも、人工爪をつけることで爪の長さを伸ばす方法ですが、それぞれ特徴や施術方法が異なっています。今回はそれぞれの特徴や違いを紹介していきますので、どちらがお客様の求めている施術方法なのか理解するために、ぜひ読んでみてください。

スカルプチュアネイルとネイルチップの違い

両方とも人工の付け爪の一種ですが、特徴や施術方法は大きく違います。スカルプチュアネイルでは自爪の上や先端から、本来の爪の長さを延長してスカルプと呼ばれる人工爪を形成していきます。イメージとしては、自分の爪に合った頑丈な付け爪を作るような形。
 
それに対して、ネイルチップは既製品としてある付け爪を自爪に張り付けていく方法になります。それぞれ自分専用の付け爪と既製品の付け爪という違いだと考えれば、分かりやすいかもしれませんね。

スカルプチュアネイルとは

スカルプチュアネイルは別名アクリリックネイルとも呼ばれており、アクリルリキッドとアクリルパウダーを混ぜることでミクスチャーという原材料を作って、人工爪を形成していく方法です。フォームという土台を指に取り付け、ミクスチャーを爪とフォームに乗せてから爪の境目をなくすように整えるとスカルプチュアネイルが完成します。
 


スカルプチュアネイルは装飾用だけでなく、短すぎたり割れやすかったりする爪を保護するため、医療目的で利用されることもあります。自爪と合体しているため衝撃で落ちることがなく、水にも強いということで重宝されますが、付け外しをする際にジェルネイルと同様サンディングが必要だったり専用の溶液での除去が必要になったりするので、爪を痛めやすいという側面も。

スカルプチュアネイルのメリット・デメリット

もちろんスカルプチュアネイルにも、メリットとデメリットがあります。両方をきちんと把握して、もしお客様に聞かれた際には詳しく説明できるようになっておきましょう。

メリット・爪の変形や割れやすさを保護する

スカルプチュアネイルは元々医療用に使われていただけあって、爪を保護する効果はピカイチ。固い爪を作ることができるので、指先を酷使する仕事で爪を痛めやすいと悩んでいる人にオススメです。

メリット・独特のネイルアートを楽しむことが出来る

アクリルパウダーには様々な色や種類があり、アクリルパウダーを変えることで好きなアートが楽しめます。ミクスチャーを何度も塗り重ねることで、自由に厚さや長さを作ることができるので、立体的なネイルアートやストーンなどの装飾品を大量に使ったデコネイルをする場合はスカルプチュアネイルがオススメですよ。
 

デメリット・施術に時間がかかる

スカルプチュアネイルには時間がかかり、10本の指すべてを施術するためには2時間前後がかかってしまいます。ネイルアートの内容によってはそれ以上の時間がかかってしまうこともあるので、施術するのは時間に余裕のある時だけにしましょうね。

デメリット・爪が痛みやすい

施術前に爪を削ったり、オフに刺激の強い溶液を使用したりするため爪はどうしても痛みやすくなってしまいます。あまり頻繁に付け外しを行うと自爪が痛んでしまうので、爪の様子を見ながら施術を行いましょう。

デメリット・オフやお直しが大変

自爪が伸びると爪とスカルプの間に隙間ができてしまい、この隙間を放っておくとカビが発生する恐れが。それを防ぐために、隙間ができたらすぐにオフをするか、フィルインと呼ばれるお直しをする必要があります。フィルインは、スカルプの浮いてしまった部分を削り、再度ミクスチャーを乗せなおすことで完成。そのタイミングはスカルプをつけてから約2週間程度が目安になるので、施術からどれくらい時間が経ったか自分でも気にするようにしましょう。
 

ネイルチップとは

ネイルチップはその名の通り爪につけるチップのこと。既製品として形が決まっているチップを使うので、自分の爪にぴったりの形にはなりませんが、スカルプチュアネイルより簡単にネイルを楽しむことができます。
 
ドラッグストアなどで売られているネイルチップも多く、両面テープや専用の接着剤で爪につけて使用するので付け外しが可能。透明なネイルチップをお客様の爪に近い形に加工して、希望通りのアートデザインを施してくれるサロンがあるほか、自分でオリジナルのネイルチップを作ることもできますよ。
 

ネイルチップのメリット・デメリット

次はネイルチップのメリット・デメリットについて紹介していきます。お手軽に爪を彩ることができるネイルチップですが、デメリットももちろんあります。

メリット・付け外しが簡単で場面に合わせたネイルが楽しめる

ネイルチップのメリットはスカルプチュアネイルと違い付け外しが簡単なこと。普段はネイルができないという人でも、イベントなどに合わせて手軽にネイルを楽しむことができます。近くでじっくり観察しない限りネイルチップだとは分からないので、結婚式のような場で派手なネイルをしたい時などにもオススメ。

メリット・短時間でネイルが楽しめる

ネイルチップを爪につけるだけなので、短時間で施術できるのもメリットの一つ。最近のネイルサロンでは自分の爪に合わせた形のネイルチップを頼んでおくこともできるので、サロンで施術してもらわなくてもネイルを楽しめますよ。

デメリット・ネイルチップが取れやすい

他の施術方法と比べると、圧倒的に取れやすいのがネイルチップのデメリット。両面テープや接着剤でつけているので装着し直すのも簡単ですが、何度もやっているとネイルチップが使えなくなってしまいます。装着前の爪のケアをきちんと行い、接着の際にゴミが混ざらないようにすると外れにくくなるので、ネイルチップをつけるときは爪のケアを怠らないように注意しましょう。
 


 
 
爪を長くしたい時の施術方法として紹介してきましたが、スカルプチュアとネイルチップは爪を保護したり場面に合わせてネイルを変えたい時にも大活躍! お客様に満足してもらうために、的確な施術方法を薦められるようにしておきましょう。

ネイリストの関連求人

ネイリストになるための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント