美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.08

ネイリスト

「足の指毛」だけは絶対NG!? 見落としがちな“足先”お手入れの要注意ポイント!

夏に向けてしっかりダイエットして、かわいい水着を買って… と色々計画している人も多いはず。ですがそこで忘れがちなのが“足先”のお手入れです。海で素足になったり、サンダルやミュールで足先を出す機会が増えるので、今のうちに要チェックポイントを押さえておきましょう。

「爪垢」が臭いの元になることも

足先を出した時に一番目立つのは足の爪。もし爪の間に黒ずんだ「爪垢」でもあったら、友達や恋人に幻滅されてしまいます。強烈な臭いの原因になることもあるので、普段からきっちり処理しておきましょう。その方法としては使っていない歯ブラシを用意して、やさしく爪の裏をこすってあげるのがおすすめ。爪楊枝などで無理に取り除こうとすると、爪先の白い部分が広がってしまうこともあるので避けてくださいね。
 
また「爪の形」も要チェックポイントの一つです。みっともない爪の形をしているのはもちろんNGですし、適当に処理していると巻き爪になってしまうことも。まずはお風呂に入って爪を柔らかくしてから、四角いフォルムになるようにカットしていきましょう。ただし切りすぎると巻き爪の原因になるので、皮膚が露出しない程度の長さを意識するのがポイントです。
 
この時に足爪用のヤスリで形を整えたり、バッファーで表面を磨いてあげることも忘れずに。仕上げにプッシャーで甘皮を押し上げて処理しておけば、“足先美人”にグッと近づけるはず。

絶対に気をつけたい「指毛」

うっかり見落としがちなのが、足の「指毛」処理。ネット上では男性から「自分より足の指毛生えてる女の人見るとガッカリする」「女性の指毛見るとちょっとゲンナリしちゃう。足の親指とか…」といった意見がよく上がっていて、実はかなりのマイナスポイントだと分かります。
 
足の指毛は本数が少ないので、ついつい毛抜きで引っこ抜いてしまうという人も多いかも。ですが毛穴へのダメージを避けるため、カミソリで剃ったり除毛クリームを使ったほうが無難です。その他には念入りに脱毛サロンで処理してもらうという方法もあります。「あんなに足の指毛生えてたのに、2回でほぼ消滅したからレーザー脱毛すごいよ」といった声もあるので、「指毛だけでそこまでするのも…」と面倒がらずに試してみるのも1つの手ですよ。
 
画像出典:Hernán Piñera / Small selfie (from Flickr, CC BY 2.0)

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。