美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.31

ネイリスト

ネイルを落とそうとしたら除光液がない! 困ったときに役立つ代用品あれこれ

休日にネイルを楽しんで、明日に備えていざネイルを落とそうと思った時に除光液がないと焦りますよね。コンビニに買いに行けばいいのは分かっているけど、既にお風呂に入ってすっぴん&ボサ髪なんて時は万事休す。そんな時は、身近にあるものを除光液の代用品として使ってみましょう。

抜群のアルコール濃度

ネイルを落とす時に役立つのが「アルコール」。除光液はアルコールを配合しているものが多いので、アルコールの濃度が高い液体なら代用品として使えます。消毒用のエタノールや掃除などで使える無水エタノールが家にある時は、コットンにしみ込ませて除光液と同じようにネイルを落とせばOK。ただ、あくまでも代用品なので除光液ほどの落とす力はありません。爪や指先に傷を作らないためにも、落ちないからといってゴシゴシこすらないようにしましょう。

女子なら1つは持っていたい

つければ良い香りをまとうことができる香水類。香水類は、香料の濃度と香りの持続時間によって「パルファン」「オードトワレ」「コロン」などに種類分けされています。その中で除光液の代わりになるのが、アルコール度数が高めの「コロン」。除光液の代わりに使うという目的がなくても、ふんわりと香って普段使いにぴったりのコロンは女子なら1つは持っていたいアイテムですね。
 
コロンは「試しに使ってみたら本当に落ちた」「役に立ったー! コロンを持ってて良かったよ」という声がある一方、「大量に使うからすごくもったいなく感じた」「いっぱい使ったら部屋中がすごいニオイになった」という人も。困ったときの応急処置として使うのはいいですが、普段から利用するのはちょっと無理があるみたい。

それってアリ!?

ネイルを塗った人なら絶対に持っているものが「ネイルポリッシュ」。ネイルの上からさらにネイルを塗り、もともと塗ってあったネイルがゆるんだところを一気にコットンで落とします。お湯に指をつけて温めてからやると良いとのことですが、やはり多少は爪が傷んでしまうよう。ネイルポリッシュで落とした場合は、キューティクルオイルなどでネイルケアするのをお忘れなく。
 
少数派としては、「どうしようもなくて模型塗料の薄め液使ってみた」「ブレーキとかのパーツクリーナーが除光液の代わりになった」「洗面台のスポンジ使ってこすった。爪がガサガサになったけどとりあえず落ちた」という声が上がっています。あるものは何でも試す姿勢は称賛に値しますが、爪に良いとは言えないので真似はしない方がいいかも。いざという時に困らないためにも、除光液は常日頃から常備しておく方が良さそうですね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。