美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.10.06

ネイリスト

アラフォー女性の“ネイルケア”事情

40歳以上の女性たちの“ネイルケア”事情について取り上げていきます。女性たちのネイルケアに対する意識や、取り組んでいる人の割合などをご紹介。「年を重ねてネイルケアをあまりしなくなった」という人はぜひ参考にしてください。

40歳以上の女性の8割近くがネイルケアをしていない!?

 


女性の指先を美しくするための“ネイルケア”。爪の形が整っていたり、甘皮がきちんと処理されている指先は、ネイルケアしていないものと印象が大きく違います。年を重ねれば爪の艶などは衰えてきますが、あまりネイルケアをしないアラフォー・アラフィフ女性たちも多いようす。
 
実際、ネット上を見てみると「アラフォーになってから爪に良いことなにもしてない」「生活に追われてネイルどころじゃない!」といった声がちらほら。
 
そんな中、某ネイリスト協会が40歳以上の女性を対象に、ネイルケアに関する意識調査を実施。9月に調査結果を発表しました。まず、「ネイルケア(爪切り・ハンドクリームなどは除く)をしていますか?」という質問では、最も多かった回答が「特にしていない」で77%、次いで多かったのが「自宅でしている」で20.7%、そして最も少なかったのが「ネイルサロンでしている」の2.3%という結果に。実に8割近くの女性たちがネイルケアをしていないということがわかりました。
 
さらに「特にしていない」と回答した女性たちに「ネイルケアをしない理由」を尋ねたところ、過半数を上回る52.6%の女性が「お金をかけたくない」と回答。続いて「時間をかけたくない」が32.5%を占め、「何をしたらいいかわからない」という回答が18.9%となりました。経済的な理由や日々の忙しさのために、ネイルケアをする余裕がない女性が多いようです。

いくつになっても指先を美しく保ちたい!

ただ、40歳以上の女性たちはネイルケアをしていないからといって“興味がない”というわけではありません。「ネイルケアを特にしていない」と答えた女性たちに関心の度合いを調査したところ、「したいと思う」「興味はある」と答えた人が41.4%にのぼりました。興味はありながらも、それぞれの事情で出来ていない人が多いのが実情なのかもしれません。
 
ネット上を見てみると「指先がボロボロで悲しい。忙しくてサロン行けない」「お金と時間に余裕があればネイルケアきちんとしたいんだけどな…」「ネイルサロンに行くお金を切り詰めてるアラフォー。こういうところから女子力がなくなっていくのか」と悲し気な声も見られました。
 
ちなみに調査では「ネイルケアをしているシニア世代の方をどう思いますか?」という複数回答のアンケートも実施。そこでは「おしゃれ」「若々しい」といった肯定的な意見が多数を占め、「みっともない」「恥ずかしい」といった否定的な意見は少数派でした。いくつになっても指先を美しく保っている女性は、憧れの対象となるようです。
 
最近はプチプラのネイルケアグッズや、短時間で乾くマニキュア、ネイルシールといったアイテムも種類が豊富。「時間やお金に余裕はないけど、指先のおしゃれを楽しみたい」という大人の女性たちはそういったグッズを試してみてもいいかも?

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。