美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.10.10

ネイリスト

ストレスの度合いで色の好みが違う!?

化粧品会社が、「色」についての調査を実施しました。アンケートの結果、高ストレスの女性と低ストレスの女性では好きな色に違いがあることが判明。今回は色とストレスの関係や、高ストレスの人におススメのネイルの選び方などをご紹介していきます。

色とストレスが関係してる!?

 


何気ない生活を豊かに彩ってくれる「色」。緑の木々や青い海、赤い夕焼けなど、見ているだけで心が洗われる色彩もたくさん溢れていますよね。色の好みは人によってさまざまですが、同じ色を好きな人とは何か共通点があるのかも。今回の調査では、色の好みでわかる意外な傾向が明らかになりました。
 
アンケートでは女性を対象に好きな色を調査。結果を高ストレスの女性と低ストレスの女性に分け、好みの色の傾向を分析しています。好きな色で第1位に輝いたのは、高ストレス・低ストレスの女性共に「ピンク」。「やさしい」「女性らしい」といった印象を持つピンクは、多くの女性から人気を得ているようです。
 
しかし高ストレスの女性と低ストレスの女性を比較して、好きと回答した人の割合に大きな差がある色も。「レッド」「シルバー」「ゴールド」といった派手な色やメタリック系は、高ストレスの女性の方がより好む傾向となっています。一方で「カーキ」「グリーン」「オフホワイト」などの落ち着いた色を好む人の割合は、低ストレスの女性の方が多い結果に。
 
結果の差を見てみると、色とストレスが関係しているとも考えられます。「レッド」などの暖色系は、神経を刺激して緊張状態にする働きがあるそう。一方で「グリーン」「ブルー」といった寒色系には、緊張をほぐしリラックスさせる働きがあると言われています。
 
高ストレスの女性は、グリーン系の落ち着いた色を日常に取り入れてみるといいかもしれません。ネット上でも「部屋のカーペットを緑に変えたらめっちゃリラックスできる」「観葉植物を置いたら癒された」という声があがっています。

高ストレスの人におススメのネイル

インテリアや服をガラっと違う色に変えるのは難しいですが、気軽に変えられるネイルならいつもとは違う色も取り入れられそうです。高ストレスの女性にぴったりなのが「スモーキーネイル」。くすんだ感じがオシャレで、秋ネイルのトレンドにもなっています。
 
カーキや深緑、ベージュといった落ち着いたカラーを選び、マットな質感に仕上げましょう。秋らしく上品な印象で、リラックス効果にも期待ができそう。流行りのべっこうネイルとも相性がいいので、トレンドをバッチリ取り入れられますよ。
 
どうしてもレッド系を取り入れたい場合は、ボルドーなどの深みのある赤をワンポイントで使うといいかも。ブラウン系のネイルと合わせると落ち着いた印象になり、リラックス効果も生まれそうです。
 
リラックスしたい時は寒色系、エネルギーが欲しい時は暖色系など、気分によってネイルの色を選ぶのも楽しそう。今ストレスを感じている人は、身近なところからリラックス効果のある色を取り入れてみては?

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。