美容スペシャリストな自分になるために

ネイリストの業務委託での働き方

握手する
 

ネイリストにも増えてきている働き方のひとつに「業務委託契約」があります。サロンに雇われて働くのではなく、サロンと対等な立場にたって仕事を受けるという働き方。ここでは、業務委託で働くメリット・デメリットを知っておきましょう。

業務委託で働くメリット・デメリット

まず業務委託で働くことにはどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

メリット:技術が高いほど多く稼げる

経験豊富で技術が高いネイリストほど、多く稼げる可能性があります。雇われていると日給や時給制になるので、どんなに高い技術を持っていても一定の額しか稼げません。業務委託では価格相談で報酬額を決めていきます。また、技術力によって金額も変わってくるので、自分の力に見合った報酬を稼げます。

メリット:自由なスタイルで働ける

フリーのネイリストは、働く時間・場所・服装が基本的に自由です。クライアントとの契約内容にもよりますが、自分のニーズに合わせて仕事できるのは、業務委託で働く大きなメリット。

デメリット:責任が重い

サロンに雇われて働く場合は、ミスをしてしまっても、サロン側で何らかの対処をしてくれる事があります。ですが業務委託契約では、すべての責任が自分で負わなければなりません。しかし、その分やりがいも大きくなるでしょう。責任の重さをプラスに受け止めることができれば、前向きに仕事をすることができます。

デメリット:手続き・申請が面倒

所得税や市県民税、保険関係などの申請や支払をすべて自分で行わなければなりません。雇われていればすべて会社の担当者が行い、保険料負担もあります。けれども、業務委託のネイリストは、それらをすべて自分で行う必要があるのです。

 
打合せの中男性の顔

ネイリストを雇う側にも利点が

業務委託契約は雇う側にもメリットがあります。5人以上ネイリストやスタッフを雇っているサロンの多くは、社員の社会保険を半額、労働保険を全額負担しなければなりません。また、スタッフの交通費負担もしなくてはいけません。

業務委託を多く雇えば、このような負担が軽減され、人件費を削減することができるというメリットになるのです。

業務委託は双方にメリットがある

このようにネイリストの業務委託にはメリット・デメリットがあります。デメリットを心得たうえで、業務委託にて仕事をすれば充実したネイリストライフを送れるのではないでしょうか。現在では時間の確保が難しい子育てママにも人気の働き方になりつつあります。自分のスキルに自信のあるネイリストは、業務委託という働き方も検討してみてはいかがでしょうか?

ネイルを受ける指

この記事に関連するキーワード

ネイリストの関連求人

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。