美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.02.03

作成:2017.01.25

ネイリスト

ネイリストが常に気を付けていること

言葉使い、身だしなみ、安全管理

l0007_20170203_2

ネイリストは、サービス業となりますので、どのようなお客様にも好感を持ってもらえなければなりません。そのため、清潔感のある身だしなみ、ファッション、髪型、丁寧な言葉使いなどが求められてきます。また、常に清潔でいることを心掛け、口臭や体臭にも気を付けなければなりません。お客様によっては、匂いがキツ過ぎる香水、タバコやコーヒーの匂いもかなり敏感になる方もいます。リピーターのお客様を手放さないためにも、言葉使いや身だしなみには最善の注意を払う必要があるでしょう。

また、ネイリストとして、1番大切なのは安全管理です。ネイルサロンでは、薬品や先のとがった道具などを使用します。そのため、どのような場合でも、細心の注意を払って取り組むことが大切です。

ネイリスト自身の指先のケア

お客様に常に見られているのが、ネイリストの指先です。お客様の指先のケアはもちろんですが、ネイリスト自身の指先も十分なケアが必要となってきます。キレイなネイルアートを施しているだけでなく、指先のケアにも、毎日目を向けなければなりません。ネイルや指先がガサガサでは、お客様もがっかりしてしまいます。

また、お客様はネイリストのネイルデザインを、参考にすることがよくあります。担当のネイリストのネイルと「同じデザインにしてほしい」というリクエストもありますので、常に最新のネイルデザイン、今おすすめのネイルデザインをするように心掛けましょう。

デザインの提案、話す内容

お客様自身でネイルサロンへ来る前に、事前にデザインを決めてくる方もいますが、ネイリストと一緒にデザインを考えたいという方もいます。その際に大事なのが、お客様に寄り添うことです。どのようなネイルに仕上げたいのか?今はどのような気分か?お客様の態度や表情から、心理状況を読み取り、察してデザインを提案してあげることも必要になってきます。

また、ネイルサロンへ来るお客様は、ネイリストとの会話を楽しみしてくる方も多くいらっしゃいます。上手にお話を聞き出して、話しやすい環境を作ってあげることも非常に大切です。自分は話すのが苦手だし…という方は、あらかじめトークの内容をいくつか用意しておけば、会話に困ることはありません。リピーターに対しては、カルテのようなものを用意し、ネイルデザインの管理だけでなく、その日話した内容を簡単に書き残しておくと、その後どうでしたか?という形でお話の続きを聞いてあげると、喜んでもらえます。

いかがでしたか?今回は、ネイリストが、ネイリストとして常に気を付けていることをご紹介いたしました。

ネイリストが常に気を付けていることは、安全管理、身だしなみ、言葉使いなど多々あります。一つ一つを大切にそして真摯に行うことで、お客様の心は離れることはありません。ぜひ、あなたも予約の絶えないネイリストを目指してくださいね。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。