美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.13

作成:2017.07.05

ネイリスト

セルフネイル上達方法の極意とは?

「ネイルサロンに行く時間とお金がないから、セルフネイルをやりたい」

「セルフネイルをしているけど、きれいにできない…」

「土日だけネイルを楽しむために、セルフネイルをやってみたい」と思っている人もいるのではないでしょうか。ここでは、セルフネイルを上達する方法をお教えします。

自爪の手入れはきれいに仕上がるポイント!?

作業工程

 

まず、セルフネイルをする前にチェックしておきたいのが「自爪の状態」。どれだけ華やかなネイルアートをしようとしても、もともとの爪を整えなければきれいに仕上げることはできないのです。

  1. 爪の形を整える
    「ファイリング」と呼ばれるこの過程は、爪用のやすりを使います。やすりを当てる角度によって、爪の形が変わるので、どんな爪に仕上げたいかイメージして行いましょう。
  2. 甘皮の処理
    甘皮を押し込んで、爪をきれいに整えましょう。甘皮を処理することによって、マニキュアやジェルの持ちがよくなったり、見た目がきれいなネイルが仕上げることができます。
  3. 爪磨き
    表面の凹凸を減らして、マニキュアやジェルをムラなく塗るために、爪を磨きます。このときに、磨きすぎると爪にダメージを与えてしまうので要注意です。爪を丁寧に磨いた後は、トリートメントオイルで仕上げをします。
セルフネイル

 

ネイルアートをうまく描くためのコツ

セルフネイルで、「アートがうまくできない!」と悩んでいる人は、以下の点に気を付けてみましょう。

ドット柄がうまく作れない!

ドットペンを利用するとよいでしょう。安定したドットを作ることができます。現在ドットペンは決して高くなく、数百円で買うことができます。ペンを真っ直ぐに立てて、ドットを打っていくのがポイントです。

ラインがうまく引けない!

筆を動かしてきれいな線を引くこのは、意外と難しいのです。そのため、筆を動かすのではなく、爪の方を動かすのがコツ!
利き手の爪にラインを引く場合は少し難しいのですが、これを押さえておけば、きれいなラインを引くことができます。また、マスキングテープなどを使うのもひとつの方法。線を引きたいところに、マスキングテープを貼り合わせて、上からジェルやマニキュアを塗れば、きれいなラインが描けます。

デザインがきれいに定まらない!

ラインストーンの位置などがうまく決まらず、仕上がりがイメージしたデザインとは違う…ということはありませんか?そういう人は、まずはデザイン案を起こしておくとよいでしょう。爪は想像以上に小さいもの。そのため、人によってはストーンが置けない、デザインが描けないなんて人も。そうならないためにも、自分の爪サイズのデザインを、書き起こしておくと、イメージと違った仕上がりになることを防ぐことができます。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。