美容スペシャリストな自分になるために

更新:2020.06.03

作成:2017.08.04

ネイリスト

二枚爪とは?原因や整え方を調査

二枚爪とは?

爪の先端部分が薄く剥がれている状態のことを「二枚爪」といいます。爪はトッププレートの背爪(はいそう)、ミドルプレートの中爪(ちゅうそう)、アンダープレートの腹爪(ふくそう)の3層で構成。この層が2枚に分かれて剥がれることで二枚爪になってしまいます。

二枚爪の原因

二枚爪になってしまう原因はいくつかあります。内部要因と外部要因に分けてまとめていますので、普段の生活を振り返りながら、当てはまるものがあるかどうか確認してみてください。

外部要因

乾燥

乾燥により爪の水分や油分が失われると、爪が割れやすくなったりもろくなったりします。保湿不足なのも原因ですが、日頃の水仕事による乾燥やお風呂掃除や洗濯などで使用する洗剤の影響も考えられます。ネイルアートを落とす際に使用するリムーバーによっても乾燥しやすくなることも。

乾燥を防ぐためは、日頃からハンドクリームを爪の根元、爪にも塗ることがポイントです。

爪への衝撃

爪に負担がかかる爪の切り方をしてしまったり、主に指先を使う仕事が多かったりした場合、爪に衝撃が加わって二枚爪になってしまう恐れがあります。

「自分はデスクワークだから大丈夫!」と思っていても、実はキーボードをたたく小さな衝撃でさえ蓄積されると爪にダメージを与える原因になってしまうのです。

 

内部要因

栄養不足

食事から得られるケラチンという繊維状のタンパク質が不足すると、二枚爪になってしまう可能性があります。ケラチンは爪の主成分にあたる栄養素なので、健康的な爪を作るためにも意識して摂取するようにしましょう。牛もも肉・豚ロース肉・鶏ささみ・カツオ・マグロ・チーズ・納豆など、タンパク質の多い食材がおすすめです。

血行不良

血液が上手く循環していないと指先にまでしっかり栄養が行き届かず、爪がもろくなり二枚爪になってしまうことも。爪の根本には爪母(そうぼ)と呼ばれる爪の工場があり、爪はそこで徐々に伸びていきます。そこに栄養がしっかり届かないと健康的な爪が作られないので、血行が悪い人は要注意です。

手を開いたり閉じたりする簡単な手の体操は、指先の血行促進に効果的。また、爪の側面を10秒ほどぎゅっと挟むこと、血行を促進します。

病気

爪は健康のバロメーター。上記で紹介した原因にあてはまらず、何かしら異常が見られた場合は病気が疑われます。軽視せずに病院で診察を受けるようにしましょう。

二枚爪の整え方

二枚爪を悪化させないために、爪の整え方をご紹介いたします。

やすり

爪切りで爪を切る時、バチンと音が鳴りますよね。実はあの時にも爪にダメージを与えているのです。なので爪の長さを整える時には爪にかかる負担をなるべく抑えるように、やすりで削るのがおすすめです。爪切りについているやすりは面が荒いので、爪に負担がかかります。なるべく爪の長さを整える用のやすりを使用、横から見て45度の角度であてると綺麗に削れますよ。

爪切り

爪を削るのに抵抗がある人は爪切りを使ってみてください。その際、注意するべきポイントは爪を柔らかくしてから切りましょう。オススメは、お風呂に入った後。爪は水分を含むと柔らかくなり切りやすくなるので、爪に大きな負担をかけずに済みます。

切る順番は、端から徐々に真ん中に向かって切ること。広い面積を一度に切ろうとすると、爪圧がかかってしまうので、少しずつ切るのがポイントです。切れ味が悪い爪切りも爪に負担がかかりやすいため、新しいものに替えてみると良いでしょう。

 

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。