美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.09.01

作成:2017.08.29

ネイリスト

爪に優しい?ノンサンディングジェルの秘密

爪を傷めない「ノンサンディングジェル」とは?

長持ちしやすいジェルネイルはネイル好きな女子の味方!でも、ずっとジェルネイルを続けていると爪は薄くなってしまいますよね。通常のジェルネイルは「サンディングジェル」といって、爪を軽くサンディング(削る)します。削った爪の隙間にジェルが入り込むため、ネイルの定着率が上がる仕組み。ネイル自体は長持ちするのですが、デザインを変えるたびに爪は削られ、薄くなっていきます。

ノンサンディングジェルとは、その名の通りサンディングしなくても定着率のいいジェルのこと。爪を傷つけないうえ、サンディングの手間もカットできると注目を集めています。ジェルネイル派の人なら「ノンサンディングネイル」について覚えておきたいところです。

物理的には爪を傷つけないノンサンディングジェルですが、すべてのネイルサロンに導入されているわけではありません。中には、サンディングジェルとノンサンディングジェル、好きな方を選べるネイルサロンもあります。ネイリストの中には、ノンサンディングジェルを嫌う人も。ここではその理由を調査しました。

爪を溶かしてしまう「ノンサンディングジェル」について

まずは、ノンサンディングジェルの仕組みについて解説します。

ノンサンディングジェルがサンディングなしでも定着しやすい理由は、「酸」の強さにありました。酸の濃度はメーカーによって異なりますが、サンディングジェルと比べると強酸性のものが多いようです。

強酸性といえば「レモンを食べ続けると歯が溶ける」という話が有名ですが、メーカーによってはレモン以上の強酸性をもつノンサンディングジェルもあるとのこと。
「爪を削る」という作業を行なわないので爪に優しいように見えますが、気付かないうちにどんどん爪が溶けている可能性があるんです。

また、ジェルをオフするリムーバーやアセトンなどの溶解液も少なからず爪への負担になるので、ノンサンディングジェルの強酸性と組み合わさると大惨事…。爪へのダメージはかなりのものになるでしょう。

もし、気付かずに高濃度のノンサンディングジェルを使い続けた場合、新しい爪が生えてくるはずの「爪母基(そうぼき)」にダメージを与え、デコボコの爪しか生えてこなくなる可能性もあります。

「ノンサンディングジェル」選びで気をつけるポイント

「ノンサンディングジェルはまったく爪を傷めない」というのは誤った情報です。ただ、すべてのノンサンディングジェルが「爪を溶かしてしまう恐ろしいアイテム」というわけでもありません。

ノンサンディングジェルの酸の濃度は、あくまでメーカーによって異なります。配合率をしっかりチェックしながら選べば、サンディングジェルより爪に優しいものも見つけられるでしょう。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

ネイリストの仕事に就くための情報まとめ

ネイリストも憧れる!? 有名ネイルアーティストのデザインをチェック!

ネイリストによってデザインやテクニックが大きく異なるネイルアート。ネイリストという範囲に留まらず、芸能人のネイルや雑誌などで使われるネイルデザインを担当する“ネイルアーティスト”として活躍する人も多くいます。

通信講座でネイリストを目指す! そのメリット・デメリットや格安通信講座まで!

美容師とは違って、ネイリストになるため必須となる資格などはありません。とはいえお客様にネイルアートを施すために高い技術が求められますし、ポリッシュやジェルネイルなどネイルには様々な種類があるのでそれを上手く使うための知識も必要です。

ネイリストという職業――なるには・資格・検定・求人 etc

人の指先を美しく彩るネイルの専門家・ネイリストといえば、今や女性にとってはお馴染みの職業ですよね。その仕事内容はジェルネイルやポリッシュなどを用いてネイルアートを施したり、爪をケアしたりと奥が深いもの。ここではネイリストになる方法や必要な資格、求人情報などへのリンクをまとめています。

ネイリスト検定のモデルはこんな人にやってもらいたい! モデルの条件と注意点とは?

ネイリスト検定において、爪を施術するためのモデル選びはとても大切。上級の検定試験では、モデル探しで妥協したために不合格になるということもありえます。そのため、ネイリストとしてステップアップしていくには、良いモデルを見つけてその協力を得ることが必要不可欠です。

資格なしでネイリストとして働く方法&資格取得のメリットとは

美容業界には「美容師」や「ネイリスト」、「エステティシャン」などさまざまな職種があり、資格の数も豊富。ですがネイリストには特に資格がなくても働けるサロンが多数あって、実際に「資格なし」で働いている女性も多いようす。中には主婦と両立して働いている人もいるそうですよ。

減点される身なりは避けよう! ネイリスト検定に向いた服装や髪型

どんな試験でも試験官や他の受験者から見られることになるので、その身なりについては悩みどころですよね。特に“美”に関わる業界で、受験者やモデルも女性が多いネイリスト検定。そこではきれいに見られたい、オシャレに見られたいという気持ちで試験に臨まれる方も多いはず。

ネイリストの資格の代表格! 日本ネイリスト検定試験センターの「ネイリスト技能検定試験」に迫る!

多くの女性が憧れるネイリスト。もちろんなるには資格が必要でしょ? と思っている人が多いかもしれませんが、実は資格が何もなくてもネイルアーティストにはなれるのです。 しかし、ネイルサロンなどへ就職する時には、条件に資格取得者を掲げているところがほとんど。そのため、ネイリストの勉強をするのと同時に、資格に挑戦する人が多いようです。