美容スペシャリストな自分になるために

2016年11月12日更新

特集

使うのはお湯と塩だけ!? ナチュラルで効果抜群の「塩シャンプー」とは!


 髪の毛を洗う時は、誰だってシャンプーを使うもの。髪の毛との相性もあるので、髪を傷めないために「どんなシャンプーを使うかいつも迷う…」という人も多いようだ。しかし市販のシャンプーの中には刺激が強いものもあり、最悪頭皮を傷つけてしまうことも。そこで今回は、頭皮にやさしい髪の洗い方「湯シャンプー」と「塩シャンプー」について紹介しよう。
 
 まず湯シャンプーとは、シャンプーやトリートメントなどを使わず、お湯のみで髪の汚れを落とす洗い方。実はお湯には元から洗浄力が備わっているので、お湯で洗うだけでも十分に汚れが落とせるし、地肌にもやさしいらしい。お湯の温度が高い方が洗浄力が上がるとも言われているが、温度が高すぎると逆に頭皮を傷めてしまうことにもつながりかねない。そのため、ぬるま湯ぐらいの心地よい温かさで洗うことをオススメする。
 
 そしてこの湯シャンプーをさらに効果的にしたものが塩シャンプーだ。塩には頭皮の臭いやかゆみ、フケを抑えてくれる力があると言われている。その力を活用したのが塩シャンプーで、「一度始めたらやみつきになる!」という声も上がっているほど。使う塩は、とくにミネラルが多く含まれている天然の塩が理想的だという。
 
 そんな塩シャンプーのやり方はとても簡単。洗面器に半分くらいのお湯を注ぎ、そこに大さじ1杯の塩を加えてよく溶かそう。完成したらこの液体を使って、頭皮を揉むようにして少しずつ馴染ませながら頭を洗っていけばいい。これを続けるだけで頭皮へのダメージを抑えながら、清潔な状態を保つことができるらしい。ただし、すすぎ残しがあると髪が痛む原因になってしまうので、しっかりと洗い流すこと。
 
 頭皮には善玉菌が住んでいるのだが、市販されている刺激の強いシャンプーを使い続けると、この善玉菌が洗い流されてしまう。それによってフケや臭い、かゆみの原因である悪玉菌が繁殖してしまうのだと言われている。そこで塩シャンプーを活用することで、余計に善玉菌を洗い流すことなく、汚れだけを落とせるので、質のいい髪の毛や頭皮を保てると評判を集めているようだ。
 
 塩シャンプーを利用している芸能人も多いと謳われていて、ネット上ではその美容的な効果に大きな注目が集まっている。フケや臭い、かゆみが気になっていたり、髪質をよくしたいと悩んでいる人は、実際に試してみてはどうだろうか。
 
画像出典:María Gabriela Poblete Hinojosa / .Más Shampoo que cabezas. (from Flickr, CC BY 2.0)

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント