美容スペシャリストな自分になるために

2017年3月13日更新

エステティシャン

「勧誘をあまりしたくない…」という人でも働ける? エステティシャンのノルマ制について


エステティシャンといえばフェイシャルエステや脱毛・痩身エステなど、人を美しくする施術のプロフェッショナル。女性人気がとても高いお仕事ですが、「ノルマが厳しくてつらい」という評判もよく聞くので、不安に思っている人も多いんじゃないでしょうか?
 
今回はそんなエステティシャンのノルマ制について、その実情を見ていきましょう。ノルマを達成するために、エステティシャンたちがどんな工夫を行っているのかについても紹介するので、これからエステ業界で働こうと考えている人は必見ですよ。

エステティシャンのノルマ制について

ノルマというのは主に月ごとに設定される、売り上げ目標の最低ラインのこと。エステ業界は競争率が高く、他店に売り上げで負けないように、厳しいノルマが課されているお店も多いと言います。ノルマが厳しくなるということは、売り上げを良くするための「勧誘」も激しくなるということですね。そのため、お客様が受けにきたサービスとは別のサービスを勧めたり、美容商品を買ってもらうために努力しなければならないんです。
 
とはいえ、強引な勧誘をするお店だという評判が立ったら、お客様からも敬遠されてしまうもの。無理なノルマを設定せずに、お店のイメージを大切にしているサロンも多くあります。また、たとえば「全身脱毛のみ」といった形でメニューを限定しているエステサロンなどでは、勧誘をする必要があまりないのでノルマの設定がゆるくなることも。お店の方針によって、どれくらいノルマを設定するか変わってくるんですね。
 
ノルマの種類としては、個人ノルマとお店全体のノルマの2種類があります。サロンによって個人ノルマだけだったり、それとは別にお店のノルマが課せられたりと仕組みは様々。中にはお店のノルマはあっても個人ノルマがないといったお店もあるので、職場選びをする際には詳細をよく調べておきましょう。その他、ノルマは決まっていないものの、その代わりに「営業目標」が定められているというサロンも多いようです。
 

ノルマが達成できなかったらどうなるの?

それでは、もし自分に割り当てられたノルマが達成できなかったらどうなるんでしょうか? お給料がマイナスされるというサロンは少ないようですが、ノルマを達成できないと人事評価が低くなってしまうので、昇進が難しくなってしまうこともあるとか。とはいえノルマが厳しい会社より、楽な気持ちで働ける職場を求める人も多いそう。お給料が下がっても、あえてノルマがゆるい会社に転職するというのも一つの選択肢ですよ。
 
実際に求人を見てみれば「ノルマなし」と記載されているお店も多いですし、不安であれば働く前にその会社が採用している制度についてきちんと調べておくと良いでしょう。
 

ノルマを達成するための工夫って?

エステティックサロンでは「歩合制」を取り入れているところが多いもの。大きく分けると「完全固定給」、「一部歩合制」、「完全歩合制」といった給与システムの種類があり、一部歩合制では指名数や売上に応じて固定給に歩合給がプラスされます。また完全歩合制は文字通り、固定給の設定がなく、収入のすべてが歩合給となるシステムですね。
 
そのため、もしノルマが設定されていなかったとしても、エステティシャンは売り上げを良くするために様々な努力を行っているものなんです。では具体的にどんな工夫を行っているのか、以下ではその代表的なものを見てみましょう。
 
エステティシャンにとって施術スキルはもちろん大切ですが、「カウンセリング」も欠かすことはできません。施術を行う前には「プレカウンセリング」を行って、お客様の状態をしっかりと把握。お客様に合ったサービスを提供できるようにします。そして施術が終わった後には「アフターカウンセリング」を行い、施術によってどんな効果が得られたのかを分かりやすく説明します。この時、お客様がまた来店して施術を受けたくなるように話して、リピート客を増やせるのが一人前のエステティシャン。そのためには不安を煽ったり、サービスを押し売りするのではなく、お客様のことを親身になって考えているというイメージを与えることが大切です。もしわざわざエステに来なくても、自宅でできるケア方法があるなら、そうした情報をきちんと教えてあげれば真摯な印象につながるはず。
 
また、エステティシャンは人を美しくする仕事なので、自分自身がキレイだと説得力がありますよね。清潔感のある身だしなみを心掛けるのはもちろん、メイクもナチュラル系で肌をキレイに見せることを意識すると良いでしょう。お客様に直接触れる仕事なので、ネイルを施したり爪を伸ばしすぎているのはNG。体を動かすことも多いので、ヘアスタイルは崩れにくく、下に垂れないようにするのがオススメです。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。