美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.05.11

美容部員

ガングロなんてありえない! 白肌やナチュラル眉を追求する“今どきギャルメイク”

皆さんは“ギャルメイク”というとどんな姿をイメージしますか? 中には褐色の肌に派手なアイメイクを施した“ガングロメイク”を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。確かにガングロが流行った時代もありましたが、ギャルメイクも時代の流れと共に変化し、今ではかつてのガングロメイクを街で見かけることもありません。では今どきのギャルはどんなメイクをしているのでしょう?

極細眉・ガングロなんてありえない! “今どきギャルメイク”の特徴とは?

ガングロギャルの時代と大きく違うのは、なんといっても肌の白さ。ガングロギャルは地肌の色がわからなくなるくらい濃いファンデーションを厚く塗って強そうに見せていましたが、今では透明感あふれる白肌がギャルの必須条件のようです。また、今どきギャルの大きなポイントは“ナチュラル”であること。90年代に急増した“アムラー”は自眉を抜いたり剃ったりして極細眉を描いていましたが、現在は自眉を活かした太めの眉にシフト。そのため、かつてアムラーだった人たちからは「ギャル時代に眉毛抜き過ぎて今ナチュラルな眉毛ができない…」「あの頃は眉毛なんていらないと思ってた」という声も。
 
また、今どきギャルはアイメイクもナチュラルで“盛りすぎないこと”が鉄則。ガングロギャルのように太いアイラインで目の周りを囲み、アイシャドウをパンダのように広い範囲に塗るということはしません。アイラインは上瞼に重点を置く、アイシャドウはべったり塗るのではなく立体感が出るようにグラデーションをつけるなどメリハリを出しています。
 
そして、“カラコン”を使っているのも今どきギャルの大きな特徴。黒目を大きく見せるタイプ、茶色っぽい色味のものなどを使っている人が多いみたい。

クール系にキュート系… 今どきギャルの種類も色々

ガングロギャルにも“ヤマンバ”や“マンバ”といった種類がありましたが、今どきギャルもいくつかのタイプに分かれています。その1つがモデルの“みちょぱ”に代表されるようなクール系ギャルで、大人っぽさやカッコよさを前面に押し出しているところが特徴。またモデルの“にこるん”やタレントの鈴木奈々は可愛らしさを強調したキュート系ギャルと言えます。アイラインの角度にその違いが大きく現れており、クール系ギャルはアイラインの目尻部分を跳ね上げ、少し強い印象に。逆にキュート系ギャルは目尻を少しタレ気味に描くことで甘い雰囲気を出すのがポイントです。
 
どちらのギャルも共通して“清潔感”や“透明感”があり、ガングロ時代とは大違い。ただ、これだけ大きく変化してきたことを考えると、これからまたガングロギャルがブームになることもあるかも?

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード