美容スペシャリストな自分になるために

作成:2020.07.08

美容部員

美容部員のお休み事情が知りたい!長期休暇や土日休みはある?


 

女性の憧れの仕事である、美容部員。接客業のため拘束時間が長くお休みが少ないというイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか?これから美容部員として働きたいと考えている人のために、今回は美容部員のお休み事情をご紹介!

土日休みはあるのか?連休を取得して旅行に行くことはできるのか?などなど、美容部員のお休みのあれこれを見ていきましょう。

美容部員における平均休日

美容部員の仕事は、お客様ありきの接客業。そのため、正社員は基本的には平日休みのシフト制となります。ただ、スタッフ数の多い店舗の場合にはアルバイトやパートスタッフが土日をメインに出勤してくれることも多く、土日にお休みができることも。

土日を含めて連休にしたい場合は、金・土休み、日・月休みなどのシフト希望を出すと希望が通りやすいかもしれませんね。

 

また、月に6~8日休みということが多い美容師やエステティシャンといった他の美容業界の職種と比較すると、やや休日数が多いのが特徴的。美容部員は週休二日制を導入していることが多いので、ほとんどが月に8日以上のお休みとなります。繁忙月には休日数が少し減ることもありますが、基本的には週休二日しっかりお休みをすることができますよ。

美容部員の繁忙期・閑散期はいつ?


 

美容部員の繁忙期と言えば、やはり季節が変わる時。季節の変わり目には、その季節に合わせた新商品が数多く販売されてきます。冬には保湿のベースメイクアイテム、夏にはUVカットのアイテムを求めて店頭に訪れるお客様が多いため、繁忙期となるのです。

 

また、友人や恋人へのプレゼントとしてコスメを買い求める人も多いため、クリスマスシーズンやホワイトデーの時期には男性のお客様も急増します。クリスマスから年末年始にかけては福袋が販売される時期でもあるので、12月~1月の半ばまではやはり毎年繁忙期となりますよ。

 

繁忙期にはなかなか連休を取得することも難しいものの、単価が高い商品が数多く売れる時期でもあります。自分の売り上げを上げて、良い実績を作るチャンス!

逆に、私生活でも仕事でも何かとイベントの重なる3月~4月は閑散期となります。決算や異動で仕事が忙しくなるため、平日の夜に買い物をする人も減少するのです。土日にも子供の入学式や卒業式、会社のイベントなどが入ってくるため、お客様の来店数もまばらになりがち。

連休や有給休暇も取得できるの?

一般企業と同様に、美容部員も有給休暇を取得することがもちろん可能です。美容部員が雇用されているのは、国内外の化粧品メーカーやドラッグストア、百貨店などがほとんど。大手企業であることが多いので、有給休暇をはじめとした福利厚生はしっかりと整っていることが多々。法律で定められた有給休暇を消化することが義務付けられているので、「忙しくて有給休暇を使うことが出来なかった…」ということはありませんよ。

 

また、夏季休暇や冬季休暇といったまとまったお休みを取得できる企業が多くあります。もちろん一般企業と同様の時期に長期休暇を取得することは難しいものの、世間の連休と少しずらした閑散期に取得することが可能。百貨店や路面店の場合は年末年始がお休みになることが多いので、長期休暇とはいかないものの数日間のまとまったお休みが取得できますよ。

 

友人の結婚式・子供の学校行事、といった事情を伝えれば希望通りのお休みを取得できるはず。女性の多い職場だからこそ、連休や有給もお互いに協力し合いながら取得することができるのです。

平日休みのメリットはたくさん


 

主に平日がお休みとなる美容部員。土日休みの友人や恋人と休みを合わせて出かけることはなかなか難しいものの、平日休みのメリットもたくさんありますよ。一体どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

・映画館や遊園地など、どこに行っても空いている

週末には歩けないくらい混雑している場所でも、平日であれば人も少ないため快適に過ごせますよ。土日休みの場合、映画館や遊園地、話題のスポットはわざわざ有給休暇を取得して訪れる人も多いのです。また、人気のレストランやカフェに並ばずに入ることが出来るのも大きなメリットですよね。休日限定のメニューも多いので、お得に楽しめること間違いなし。

・レストランや美容室の予約が取りやすい

土日にはなかなか予約が取れないお店も、平日であればスムーズに予約を取ることができることが多々。人気のレストランも話題の美容室も、空いている中で楽しむことができますよ。すぐに売り切れてしまうアーティストのチケットも、平日なら購入できる可能性が高まります。趣味を楽しみたい人にも、平日休みはぴったり。

・市役所や銀行での手続きも休みを取らずに行える

土日休みの場合は、免許の更新や市役所・銀行での手続きをするためにわざわざ有給休暇を使わなくてはいけません。でも、平日休みの場合はお休みの日にそうした手続きを済ませることが出来るので、有給休暇を無駄にすることも無いのです。

・安い価格で旅行に行ける

土日や大型連休を使って旅行に行くと、交通費もホテル代もどうしても高くなってしまいます。ですが、平日休みを利用して旅行に行くことで、土日よりも大幅に安い料金で済ませることが可能に。道路や観光地での混雑も避けることができるので、快適に旅行をすることが出来るはず。

まとめ

お休みが取得しにくいというイメージの強い美容部員ですが、土日休みも連休も取得可能ということが分かりました。また、何となく平日休みは大変というイメージを持つ人も、平日休みのメリットを知ることができたはず。

 

「美容部員として働きたいけど、お休みが少ないのが懸念点…」という方も、まずは一度問い合わせてみては?無理なく、あなたの希望通りの条件で働ける美容部員のお仕事が見つかるかもしれませんよ♪

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード