意外と知らない、美容師のお休み事情

意外と知らない、美容師のお休み事情

朝から夜までお客様の美しさの為に奮闘する美容師。

恋人や結婚相手が美容師だと休みが合わなくてデートに行けない、子供ができてもなかなか一緒に出掛ける時間を作れない、といった声をよく耳にします。

あまり休みが多くないというイメージがありますが、実際はどうなのか?過ごし方なども含めて見ていきましょう。

美容師における平均休暇

美容師の休暇は平均で月に6~7日ほどで、内訳は定休日+隔週に1日ずつ休みがあるというもの。

ちなみに同じ美容業界だと、

 

エステティシャンの平均休日数:月6~8日

ネイリストの平均休日数   :月6~8日

アイリストの平均休日数   :平均月8日

 

なので、他の職種よりも若干少ないけれど大体同じくらいの休日数です。

美容師って休めるの?

美容室にとって土日や祝日は稼ぎ時なので週末は出勤することが多いものの、今は希望休を取得できる美容室も多く、定休日にはもちろんお休みすることができます。
世間一般の連休とはずらすことがほとんどですが、年末年始やGW、お盆休みなどの大型連休を取得できる美容室も増えてきています。

また、最近では平日休みではあるものの完全週休二日制やリフレッシュ休暇を取り入れている美容室や、自由に休みが取れる業務委託サロン、パートとして働けるため休みを取得しやすい美容室も増加しています。

アシスタントの頃は休めるの?

アシスタントとして働く美容師にもお休みはあります。
しかし、一般企業と比べるとその休日数は少なく、休みの日でも美容室に出てきて自主練をしたり、外部講習会に参加したりすることも多々あります。

一方で、事前に緊急の用事があるときには「この日に代わりに出勤するから、出勤日を代わってほしい」など融通が利く美容室もあります。

入社していざ働いてみると、休みが取れるかどうか気になりますよね。
中には、土日に休める美容室や日曜定休の美容室もあるので、就職活動の際には休日制度についても調べておくと良いでしょう。

有給休暇はどのくらい取れるの?

美容師にも有給休暇はあります。
日本では雇われた日から6ヶ月以上勤務し、そのうち8割出勤していると有給休暇を取得できます。
日本の有給消化率は50%に対し、美容師をはじめ美容業界の取得率は37.1%。

また、週末には多くの集客が見込まれるため休みを取ることは難しく、平日に有給を取得する方が望ましいと言えます。
有給取得率が決して高いとは言えない美容師の仕事ですが、働き方が多様化し休める職場も増えつつあります。

働き方の多様化

美容師は休みが取りにくいイメージを持つ方もいるかもしれませんが、中には土日休みを取得することができたり、休日を自分で決めたりできる自由な働き方もあります。
それは、パートやアルバイト、業務委託といった働き方です。
時短勤務も可能で、休みがきちんと取れるといった勤務スタイルは近年人気が出てきました。
お子さんがいる方や、家事の合間を有効活用したい主婦の方など自分の生活に合わせて働ける点が魅力的ですね。

美容師が月曜休みの理由

月曜日  

美容室の定休日には、美容業界の歴史や社会情勢が関係しています。なぜ月曜休みになったのか、いつ頃から月曜休みが始まったのかについて詳しく見ていきましょう。

 

なぜ月曜休みになったのでしょうか?

 

美容業界の歴史を紐解いていくと、そこには当時の社会情勢と電力事情が大きく影響していることがわかります。時代は1920年代にさかのぼりますが、当時、パーマは「電髪(でんぱつ)」「電気パーマ」と呼ばれていました。電極のついたロッドを紙に巻き、電気で加熱してウェーブを作っていたため、大量の電力を使用していたわけです。

 

ところが、その頃は戦争の影響で電力不足ということもあり、週に1度、電力の供給を停止する「休電日」が設けられていました。それが東京ならば火曜日、それ以外の地域では月曜日が多かった、ということになります。当時オシャレな女性たちの間で人気だった電気パーマ。しかし、電気を大量に使用するため、電気が止まってしまう休電日は休まざるを得なかったというわけです。

平日休みのメリット

美容師のお休みといえば平日休み。「友達とお休みが合わない」などマイナスのイメージもありますが、逆に平日休みにはどんなメリットがあるのでしょうか。

  • 平日限定のランチに行ける
  • 人の多さを気にすることなく人気スポットで遊べる
  • 旅行費用が安い
  • 市役所や銀行などの手続きができる
  • お子さんの通う学校へお迎えに行った後、家族と一緒に過ごす時間が長い

など様々なメリットがあります。自分に合った、有意義な過ごし方を見つけられるといいですね。

月曜休みは美容師にとっても都合がよい

月曜休みの理由には、戦前の電力不足が影響していました。

 

最近は、ビルのテナントとして入っている場合、そのビルのお休みに合わせる美容室もあります。美容師のなかには「土日は忙しいから週明けの月曜休みだとゆっくりできるので助かる」という人も少なくありません。

 

また、お子さんのいる美容師の場合、今は月曜が祝日になることも多いので、火曜休みより月曜休みの方が家族で出かけられるという声もあります。いずれにせよ、規制緩和された今も、月曜休みは美容師にとって都合がよいことが多いということです。

今も月曜休みが多いのは無理に変える必要がないから

今は休電日などありませんが、なぜ今でも月曜休みのままなのでしょうか。美容室が定休日をきっちり設けるようになったのは、実は1960年代頃です。

 

その理由は、過当競争を避けるために組合が都道府県ごとに、曜日や営業時間、料金などを取り決める「適正化規定」を設け、それまで休電日としてお休みにしていた月曜、もしくは火曜日をそのまま定休日にしたからです。

ところが1990年代に入って、規制緩和の流れから美容業界でも定休日や営業時間などの制限ができなくなり、各美容室で自由に決めてよいということになりました。

 

そのため、中には地域性やオーナーの考え方によって月曜、火曜以外の日を定休日にしている美容室もあれば、年中無休で営業している美容室もあるわけです。ただし、定着した定休日を無理に変えることでお客様の混乱を招く可能性もあります。また、美容師として常に流行を取り入れ、技術に磨きをかけるために参加している、業界主催のセミナーや技術講習会などが行われるのは主に月曜日や火曜日です。

 

それ以外の曜日を定休日にしてしまうと、こうした催しにも参加できず、美容師としての腕を磨くこともできなくなってしまいます。そのような理由からも、今も昔ながらの「月曜休み」「火曜休み」の美容室が多いのではないでしょうか。

 

全国的には月曜休みだが関東は火曜休みが多い

日本地図  

通称「美容連合会」(全日本美容業生活衛生同業組合)と呼ばれる公的団体に加盟しているかどうかによって、いつがお休みなのかが違ってきます。

 

美容連合会は全国規模の組合で、各都道府県にある組合が会員となっています。東京にある美容室なら「東京都美容生活衛生同業組合(東京都美容組合)」というように、多くの美容室がその地域の組合に所属し、その組合を束ねているのが美容連合会というわけです。

 

美容室の定休日は、加盟している組合によって違います。「美容室って月曜休みじゃなくて火曜日だよね?」と感じる人は、都内もしくは東京近辺のイメージが定着しているからかもしれません。関東は火曜日休みのところが多いのですが、実は全国的に見ると月曜休みのほうがスタンダードなのです。

 

休みの最中は何をしているの?

自分が休日を過ごしている様子を、SNSで投稿しているのもよく見かける美容師。

「いつもおしゃれだなあ」とつい感心してしまいますが、実はお休みの日でも人知れず陰で努力をしているのです。

コーヒー, カップ, ドリンク, 朝食, 食品, チョコレート, 甘い, テーブル, 砂糖, エスプレッソ  

講習会に参加する

定休日である月曜・火曜は、美容師向けの講習会が多く開かれています。

カットやカラーのスキルから、接客マナーや一般常識を学ぶ講習など幅広く、お客様をひきつけるための心理について学ぶという講習会も。お休みの日にも自分のスキルアップの為に励む人が大勢います!

撮影会に参加する

お休みの日には先輩スタッフに同行させてもらって、撮影会に行く人も。

せっかくのお休みなのに仕事?・・・と思うかもしれませんが、美容師としてスキルアップするためには頼んででも撮影会に連れていってもらう人も。実際にプロの仕事を目の前で見られることは、向上心アップにも繋がります。

流行を知るために買い物にでかける

美容師さんはみんなおしゃれで流行に敏感というイメージがありますよね。

実はお休みの日に努力をしているのです。

メンズだけでなくレディースのお店で流行をチェックしたり、流行りのカフェに出かけてみたりと、女性のお客様と会話を合わせたり最新の情報を提供する為の努力を惜しまないのが美容師なのです。

感性を磨くために美術館や映画を観に行く

常にアンテナを高くして感性を磨くために、本当はあまり興味がなくても最新の映画や話題の美術館には足を運びます。

外に出て色々な刺激を受けることで、インスピレーションを与えられるのです。SNSで投稿する写真のネタを集めたり、お客様との会話の引き出しを増やすためにも最適な過ごし方といえるでしょう。

ひたすら寝る

週に1日、多くても2日という貴重なお休みです。

仕事のある日は朝早くから夜遅くまでサロンで働く美容師。接客業なのでやはり気疲れもあります。

その為、次の日からの仕事に備え、1日ゆっくり身体を休めることも大切になってきます。

せっかくのお休みにもったいないからと言って一日中アクティブに動き回っていては身体がもたないので、やはりゆっくり家で眠るというのも良い過ごし方ですね。

一般企業で働くサラリーマンと比べると休日数にも過ごし方にもやはり違いがあります。

ただ、休日数は少ないですが平日にお休みをとることができるので、どこに出かけても混雑を避けて過ごすことができるというメリットも。

流行を知ることや身だしなみをきちんと保つことは美容師として忘れてはいけない仕事の一環です。貴重なお休みでも美容師であるということを忘れずに、平日休みを有意義に使って楽しんでいる人が多いですね。

美容師になるための情報まとめ

美容師の仕事内容や一日の流れって?

美容師は華やかでかっこいいというイメージがありますが、過酷なスケジュールで働いているのも事実です。そんな美容師の一日のスケジュールをご紹介いたします。

美容師のスタイリストの実態!気になる給料ややりがいって?

サロンの中でたくさんのお客様から指名を受けて笑顔で生き生きと働くスタイリストは、アシスタントたちにとっての憧れの存在。そんなスタイリストになるには、一体どうすれば良いのでしょうか

意外と知らない、美容師のお休み事情

多くのサロンが定休日を月曜休みとしていますが、なぜ美容師は月曜に休みをとるようになったのか、その歴史や原因についてご紹介します。

美容師のお給料が安いってホント!?役職別に給料・年収の実態を知ろう!

今回は美容師の給料・年収について紹介していきます。スタイリストやアシスタントなど、役職別の給料についても紹介していくので、「キャリアアップのモチベーションが出ない…」という人はぜひ読んでみてくださいね。

美容師に向いている人ってどんな人?

美容師に向いている人は、どのような人でしょうか。今回は、美容師に向いている人はどのようなタイプの人かをご紹介いたします。

共感必至! 意外と多い“美容師・美容室あるある”

“美容室あるある”について取り上げていきます。美容室でのやりとりがTwitterで話題になったことや、多くの人が経験した“美容室あるある”をご紹介。「美容室で戸惑うことが多い」という人は要チェックです。

集客や指名を増やすためには、ファッションも重要!? オシャレに気を遣って美容師力をアップさせよう!

美容師を目指している皆さんは、将来的に技術や接客のスキルを上げることはもちろん、オシャレな美容師であることを目指している人も多いと思います。「美」を扱う美容師という職業であれば、自分自身の見た目に気を遣うのは当然のことですよね。

美容師になるには?必要な条件を知ろう!

美を扱う仕事というのはいつの時代もあこがれの職業。その中でも特に人気なのが美容師です。しかし、美容師という職業は美容室に勤務するだけではなれません。美容師として仕事をしていくためには、美容師としての免許が必要なのです。

美容師を目指す人へ!最初のステップは美容専門学校を選ぶことから始めましょう

“美容師”と言えば、華やかな世界で活躍しているイメージが強いですよね。その世界に憧れて「誰かをキレイにしてあげたい!」という思いから、美容師を目指す人も多いはず。

美容師資格は取得しやすい?「美容師国家試験」の内容や合格基準を大公開!!

毎年2万5千人以上もの人が受験する“美容師国家試験”。この中の多くの人が、美容師国家試験を受けて、4月からそれぞれのサロンで働き始めています。しかし、実際に全員が全員受験するわけでも、合格するわけでもありません。

美容師になるための最終ステップ「美容師国家試験」について、一から学んじゃおう!

美容師になるために絶対に必要なのが“国家資格”です。美容学校での勉強や、サロンで仕事をいくら頑張ったとしても、国家資格がなければいつまでもアシスタント止まりになってしまいます。

美容師試験に合格したらすぐに美容師免許の申請スタート!初申請の方法やポイントとは?

美容師になるにはスキルやセンスを磨くことも大切ですが、まずは美容師の国家試験に合格することが大切です。厳しい練習や勉強の末に試験に合格できれば、晴れてアナタも美容師に。意気込むのは良いですが、美容師免許の申請はお済みですか?

あなたもワンランク上の美容師を目指しませんか?スキルアップの道をご紹介!

美容師にはカットの技術だけでなく、お客様により喜んでいただくためのさまざまなスキルセットが求められます。そこで今回は「今後、美容師としてどうスキルアップしていけばいいの?」と壁にぶつかっている方に、スキルアップしていくための具体的な方法などをご紹介します。

30代からでも遅くない! ブランクから復帰して美容師になる方法とは?

今回はブランクから復帰して美容師になる方法をご紹介。技術や知識を取り戻す方法、ブランクがあっても働きやすいサロンなどを紹介していきます。最近は子育てをしながら職場復帰して美容師として活躍している人も多いようなので是非参考にしてみてください。

美容師の魅力・やりがいって何?

見た目も華やかで、おしゃれなイメージの美容師。美容師にとっての魅力、やりがいとは何でしょうか?今回は「美容師の魅力」についてご紹介します。

美容師の裏側の本音に関して

現役美容師の本音とはどのように思っているのでしょうか。今回は、現役美容師達の仕事の大変さと本音や裏側について紹介します。

美容師になって良かったこと、大変なことって?

憧れの美容師。美容師になるとどのようなことが待ち受けているのでしょうか?今回は「美容師になって良かったこと」「美容師になって大変なこと」などをご紹介します。

美容院ではトラブルがつきもの!美容師によくあるクレーム

美容業界では、様々な理由でクレームが発生します。これまで一度も失敗したことがない、お客様に文句を言われたことがないという美容師はいないのではないでしょうか。ここではサロンでよくあるクレームと、クレームを防ぐための注意点を見ていきましょう!

美容師辞めたい。辞める、続けるの判断ポイントとは!?

美容師の仕事時間はお客様の予約状況に左右されることがあるので、確かに忙しい日はランチを取る時間もないほどです。もちろん営業中は座って休むこともできません。また、アシスタント時代はお店の営業前や営業後に技術練習があり、朝早くから終電近くまで

未経験者歓迎の美容師求人一覧

美容師になりたい方の中には「資格を持っていても実際に業務をこなしたことはない」という方がほとんど。しかし、全国の美容師求人は増えており、中でも未経験を積極的に採用するものが多いです

土日休みOKの美容師求人一覧

通常、忙しい美容室では土日祝日が休日にあたることは少ないものの、希望休制度やバースデイ休暇など休暇制度が充実しているところが多いです。

研修制度ありの美容師求人一覧

【研修制度あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

歩合ありの美容師求人一覧

【歩合あり】美容師、美容室の求人・転職・募集の一覧ページ。美容師の求人情報探しなら【美プロ】。

美容師にとっておすすめの就職時期って?

美容師の就職活動や転職活動をするに当たって気になることの一つが“時期”です。いつ就職するのがサロンにとって嬉しいのか、いつ活動を始めるのが有利なのか、どうせなら有利に仕事を決めたいですよね。

美容師の履歴書の書き方!手書きと印刷どちらがいいの?

面接で必ず必要になるのが履歴書です。あまり履歴書を書いたことがない方、転職は初めてなんだけど職歴書って何を書いたらいいの?とお困りの方など必見です。ここでは美容師の履歴書の書き方について見ていきましょう。

美容師の職務経歴書を書くときのポイント!

履歴書とは別に、自分の今までの経験を記入して作成するのが“職務経歴書”です。採用担当者が一番に知りたいことは「どんなサロンでどんな働き方をしていたか」ということ。自分の今までの経験を上手く伝える為に、どんな書き方をするのが良いのでしょうか?

美容師の面接対策って?準備する方法を教えます。

美容師になるために、避けて通れないのが面接です。面接ではさまざまな質問を受けることになります。その質問の中には、「どう答えて良いのか分からない」というような難しい質問も含まれるので、前もって準備しておくことが大切です。

美容師の面接で大事な「志望動機」新卒・経験者など立場ごとに例文も紹介!

美容師の面接では「技術」はもちろんですが、「やる気」や「コミュニケーション力」を重視しているサロンが多いです。特に新卒・未経験から入社する場合には、たとえ技術が伴わなくとも積極的に学ぶ意欲があることをアピールできれば採用に繋がりやすくなるでしょう。「絶対にこのサロンで働きたい!」という思いを志望動機で伝えていくことが重要になります。志望動機は、その美容師の人間性を表します。

美容師面接での逆質問!なにをすれば評価が上がるの?

書類選考が通ったあとには、やっと面接本番です。緊張が続く質問の時間が終わって、最後に逆質問タイム。「それでは逆に何か質問はありますか?」という面接官の一言に、一体何を聞けばいいのだろう・・・と悩んでしまったことがある人も多いはず。

美容師の面接で聞かれる質問50!よく聞かれる質問は

何を聞かれるのか、何を話せばいいのか不安な面接。「質問に答えられなかったらどうしよう」「パニックになって頭が真っ白になりそう」など、何を聞かれるのか分からず、何の準備もしないまま面接に臨んだらしどろもどろな受け答えになってしまうかもしれません