美容スペシャリストな自分になるために

2016年4月30日更新

エステティシャン

選択肢によって学べることが変わる! エステティシャンになるために専門学校に通おう


肌や身体の悩みを解消し、より美しくなるためのお手伝いをしてくれるエステティシャン。癒しと美しさを与えてくれるエステティシャンに憧れている人、どんな仕事なのか興味がある、という人はきっと少なくないでしょう。
 
エステティシャンは絶対的な資格が必要なものではありません。しかし、実際にサロンなどで勤務するためにはエステの知識をきちんと持っていることが大切です。専門学校や美容学校に通うことも、エステティシャンの第一歩。今回は、エステティシャンを目指す人のための学校について紹介していきます。

エステティシャンになるための道は色々

エステティシャンになるためには、必ずしもエステコースに通わなければいけないという訳ではありません。他の美容の勉強をしながらも、エステの経験や知識を身につけていくことも可能です。そこで、今回は3つのタイプに分けて学校を紹介していきましょう。

エステコース

文字通りエステティシャン専門のコースで、エステに関する知識はもちろんのこと、エステサロンなどに勤務するためのマナーや、お客様にアドバイスするためのメイク方法などエステの現場に関わる様々な事を学ぶことが出来ます。また、学内にサロンがあるところも。実際にお客様に施術する経験をしながら技術を身につけることが出来るので、学校だけではなく、実際に現場に出て学んでいきたいという人は、学内サロンがある学校がオススメです。

トータルビューティーコース

このコースでは、エステやセラピーだけでなくネイル・メイク・ファッションなどについても学ぶことが出来ます。美容についての基本的な知識と技術を持っていることで生かせる場も多くなり、自分自身の可能性の幅も広がります。また、このコースを経てさらに各分野の専門的な学びを行う人も。美容関係の仕事に就きたいが、何が自分に合ってるのか分からない…という人はトータルビューティーコースにチャレンジしてみては?

美容学科

美容学科は、主に美容師のための勉強になりますが、その中でエステシィシャンの資格を取ることも可能です。授業内容としてメインではないので、カリキュラムをきちんと確認して選んでくださいね。
 

どのくらいの期間通うことになる?

短いところでは3ヵ月、長いところでは2年間をかけてエステティシャンについて学ぶことが出来ます。期間は学校によって大きく変わりますので、自分自身の現在の状況や費用に合わせて選んで行きましょう。
 
ここまで期間がバラバラだと不安に思う人もいるかもしれませんが、学ぶことは基本的には同じです。また、実際に勤務するためには資格を取る人が多いので、学んだことをきちんと吸収して資格取得が出来るか、ということの方が重要視されます。すでにエステの資格をもっているが、取得してから間が空いてしまったので学びたいと言う人などは、短期間を選ぶのも1つの手ですね。
 

学費はどのくらい?

こちらも、通学期間と同様にかなりばらつきがあります。コースや年数によって異なりますが、平均的に95万円くらいから、2年間の場合では平均200万円近くかかることも。決して安いとは言えない額なので、気後れする人もいるかもしれませんが、学費負担の軽減措置を導入している学校もあるので、こういった制度もぜひチェックしておいてください。
 

勉強内容

では、実際にエステコースではどんなことを勉強するのか気になりませんか? 実技メインのように思えるかもしれませんが、知識が無ければできないこともあるので座学もバリバリやっていきます。

実技

エステの技術を学んでいくことになりますが、この技術は多岐にわたり、さらに学校によって異なってきます。基本的なフェイシィルとボディのマッサージ方法から、インド式マッサージやハワイアン・ロミロミマッサージ、リフレクソロジーなど様々。アロマセラピーやヘアメイク、ネイルなどについて一緒に学ぶことが出来る学校もあるので、どんなことが学べるのかきちんと確認しておくことが大切です。また、エステティシャンは、お客様第一の仕事になるので、マナー講習を行っているところも多いですよ。

座学

解剖生理学や皮膚科学のような、マッサージを行うための基礎となる人体の構造を学ぶ授業から、世界各国で行われている美容技術や情報、資格、定義などを学ぶエステテッィク概論や美容概論など、座学も学ぶことがいっぱい。お客様に美容に関してのアドバイスを行うこともエステティシャンの仕事になってくるので、理論として知識を学ぶことが大切です。
 

どんな資格を取得することができる?

エステティシャンになるために、絶対に必要な国家資格というものはありません。しかし、民間資格は多数あり、サロンで働くにも資格があったほうが有利です。せっかく時間とお金をかけて学校に通うのですから、この機会にきちんと資格も取得しておきましょう。
ほとんどの学校で取得が可能なのは、セラピストとエステティシャンの資格です。民間資格として試験や検定を受けることで取れるものや、卒業が資格取得の役割を果たす学校もあるので、どの資格を取りたいのか調べてから学校を選ぶ、という方法をとってもいいかもしれません。また、ネイルやメイクに力を入れているところでは、これらの検定試験を受けることもできますよ。
 


 
 
エステティシャンは、学校のカリキュラムによって学ぶことが大きく変わってきます。自分がどのようなことを学びたいのか、どんなことに興味があるのか、よく考えてカリキュラムと示し合わせながら学校を選んでいきましょう。

エステティシャンの関連求人

エステティシャンになるための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。

10周年サンクスキャンペーン、総額1000万円プレゼント