美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.02.18

作成:2017.06.20

エステティシャン

エステティシャンはセラピストとどう違うの?

アロマオイルの瓶
 

エステティシャンは外見の美しさを整えるための働きかけをし、セラピストは身体の内面の健康に対してアプローチをする、というざっくりとしたイメージはあるものの、細かい違いについては知らない人も多いはず。

では、エステティシャンとセラピストは、どのような違いがあるのでしょうか。

エステティシャン・セラピストの仕事とは?

アロマフットマッサージをしてもらっている足
 

エステティシャンは、ボディケアやフェイシャルの施術、脱毛や痩身といったメニューを取り扱っています。機械を使用して体の外側(シミ、しわ、たるみ、セルライトなど)をケアすることものから、オールハンドで細かい体の調整を行うものまで様々。

また、外側のケアするにあたり、化粧品の販売を行っているエステサロンもあります。

一方セラピストは、マッサージやもみほぐしなどの体の調子を整える施術を中心に、肉体的な治療だけではなくカラーセラピーやフラワーセラピーといった心理的な治療も行います。

therapy=治療・療法といった意味を持ち、薬や手術に頼らない心理療法を行うのがセラピストの仕事なのです。

エステティシャンとセラピストの資格の違いは?

エステティシャンもセラピストも国家資格がありません。

民間の資格を取得するために、実技や専門知識などを勉強します。

現在では、専門学校に通うだけではなく、通信講座で資格を取得できるようになりました。学校まで遠い、仕事をしている、子どもが小さいなどの理由で通信講座を利用して学んでいる方も増えています。

資格で学べるスキル内容は豊富にあり、エステティシャンでは、皮膚構造学、機械の知識や使い方、化粧品の成分、リンパマッサージなど。セラピストでは、アロマの種類や効果、使い方、リンパマッサージなどの知識。技術が習得できます。

専門学校などによっては、開業支援やカウンセリングの仕方なども学べるところもあるようです。

知識と技術を両方習得すると、資格取得でき、ディプロマ(賞状)が発行されます。

美しくなるようケアするのは同じ

アロマエステをしてもらっている女性
 

エステティシャンもセラピストも、お客様のお悩みを改善して、キレイになるお手伝いをしているのは同じです。エステにも様々なマッサージ法があり、セラピストと同じような手法を行うこともあります。

大まかな違いは、美容機器を使用するのはエステティシャン、アロマテラピーなどでヒーリングやリラックス効果を高めてマッサージするのがセラピストという風に分けられます。

専門知識を学び、手技を身に着けてお客様に喜ばれる最高のエステティシャンやセラピストを目指しましょう。

エステティシャンの仕事の流れからみるセラピストとの違い

エステティシャンとセラピストはどちらも「サロン」と言われる場所で勤務しますが、「美容」と「リラクゼーション」という目的の違いがあるため、提供する施術も異なった流れになります。

 

エステティシャンは美容に関する問題を解決する職業。ここでは、フェイシャルエステにおける仕事の流れから、エステティシャンの仕事の特徴を確認しましょう。フェイシャルエステは肌の美白やニキビケア、アンチエイジングなどを目的とした施術です。まずは、お客様と1対1のカウンセリングで抱えている悩みを聞き、原因に対する的確な施術内容を決めてください。

 

施術が始まったら、クレンジングで普段落としきれない汚れの除去からスタート。クレンジングクリームや洗顔料を使って汚れを洗い出しますが、機材を使って超音波洗浄を施すサロンもあるようす。

肌がきれいになったら、保湿やメラニンの除去などの目的に合わせた美容液やクリームを塗りこんでケアします。続けてマッサージを行って血流を改善させ、リンパのつまりを解消しつつ、凝り固まった筋肉をほぐしていきましょう。

 

施術後には再びカウンセリングを行って、施術の効果をお客様と確認。同時に今後のプランを提案して、一通りの施術が完了します。

 

セラピストの施術の流れからみるエステティシャンとの違い

次はセラピストの施術の手順を、アロマセラピーを例に見ていきましょう。セラピストもエステティシャンと同じく、お客様のカウンセリングを最初に行うのが一般的。

 

カウンセリングの内容を踏まえて、お客様の体調や好みにあったオイルをセレクトしてください。オイル選びは、セラピストが提案するケースと、お客様に好きな種類を選んでもらうケースとに分かれるようす。

 

オイルが決まったら、いよいよ施術に入ります。横になってもらったお客様に、オイルの香りを楽しんでもらいながらマッサージ。足先や背中、首の付け根まで、全身を温かいタオルを当てながらマッサージし、リラックスしてもらいましょう。施術に関してエステと異なるのが、「体内にアプローチをかける」というコンセプト。

クレンジングやクリームで体の表面をケアするエステとは違い、オイルを体に吸収させて内側からケアしていきます。この間はお客様と会話して楽しく時間を過ごしてもらう場合もあれば、ゆっくり休んでいただく場合も。お客様にとって理想的な方法を選びましょう。

 

施術後にはエステと同様にカウンセリングをして、施術中に気がついたお客様の状態を報告。ハーブティーやオーガニックティーを出してお客様に一息ついてもらったり、施術のためにブレンドしたアロマをボトルに入れてお土産として渡しているサロンもあります。

Author:美プロ編集部

関連求人を都道府県から探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。