美容スペシャリストな自分になるために

更新:2018.01.24

作成:2017.06.23

エステティシャン

エステティシャンになるための勉強方法

勉強する赤髪少女

エステティシャンになるためには、また、エステティシャンとしてさらにスキルアップするためには、どんな勉強をすればいいのでしょうか?今回は、エステティシャンに必要な「理論」「技術」「接客」のスキルについて、その内容と勉強方法をご紹介します。

エステティシャンに必要な3つのスキル

エステティシャンとして勉強するべきスキルは、以下の大きく3つに分けられます。

理論

どのようなメカニズムで肌を美しくしたり、体をいやしたりしているのか、その理論を知っておくことは施術をする上で非常に大切です。体や肌の構造、栄養や化粧品についてなど、知識を備えることによって、お客様の様々なニーズに応えることができるようになります。

技術

どれだけ机上で勉強をしても、技術が伴わなければエステティシャンとしての成功はありません。それぞれのサロンでやり方も異なるほか、新しい技術もどんどん出てきますので、常に情報をキャッチしながら努力を続ける必要があります。

接客

お客様に心地よさを提供するエステサロンでは、接客についてもきちんと勉強することが必要です。接客には、お客様への基本的な対応はもちろん、上手なカウンセリング(悩みを引き出すなど)も含まれます。

振り向く女性の口元

どこでどうやって学ぶ?エステティシャンの勉強方法とは?

エステティシャンが勉強すべきスキルがわかったところで、勉強方法について考えてみましょう。

エステティシャンは資格がなくてもなれる職業です。全くの未経験から就職し、お店の研修を通してスキルを身に着けることもできます。この場合、お店独自の技術研修がメインとなり、理論や接客を体系的に学びづらいのが残念なところ。専門書を購入し独学で勉強したり、エステに限らず、自分がよく行くショップでも接客方法をチェックし、真似してみるのもポイント。また、専門用語の意味がわかっていれば、研修がより理解できます。

勉強方法として一般的なのは、美容系の専門学校で学ぶこと。エステティシャンに必要なスキルを体系的に勉強することができます。卒業後は即戦力として活躍できますので、より有利に就職したい方にはお勧めです。

なかなか身につきにくいのは、接客スキルかもしれません。挨拶や電話対応、お客様を不快にしない言葉遣いなど、エステティシャンだけでなく社会人としてすべての職業に共通するスキルです。接客について勉強したいときは、新入社員向けのビジネスマナーや営業職向けのトークスキルについて書かれた本を参考にするといいですよ。

 

エステティシャン専門学校での勉強内容とは

エステティシャンを目指すための専門学校はいくつか存在しますが、基礎からしっかり学びたい、エステ業界に就職するために資格を取得したい、既にエステティシャンとして働いているが更に高度な技術を取得したいなどそれぞれの目標によって学校選びが大きく変わってきます。
 
エステティシャンの基礎からじっくり学びたいという場合には、1年間で修了するカリキュラムが組まれているスクールを選ぶといいでしょう。基本的には、関連する法律や栄養学、皮膚科学などの必須知識や、フェイシャルエステティックの基礎を学ぶ授業などが用意されています。カリキュラム的に1年間で修了することも可能ですが、希望する人はさらにステップアップして2年制の課程に編入し、より専門的な学習ができるスクールも。
 
エステティシャンの資格取得を目指す場合には、ホームページなどで各スクールの特色を研究しましょう。多くのスクールでは2年間の講義スケジュールが組まれており、はじめの1年間でエステ技術や接客技術、美容知識などの基礎的な知識を身につけます。1年間の学習で基礎をしっかり勉強したら、本格的に資格取得に向けての勉強がスタートする様子。例えばエステティシャンとして国際的に活躍できる「CIDESCO インターナショナルエステティシャン」という資格や、エステ業界をリードする技術者を目指す「AEA上級認定エステティシャン」といった資格などの取得を目指せるコースが用意されています。資格取得に強みを持つスクールでは、各協会の認定講師の在籍数などをアピールポイントにしていることも多いので参考にしてみましょう。
 
既にエステティシャンとしての経験があり、さらなるレベルアップを望む方に向けては、美の上級者として世界の一流サロンや教育機関で活躍するスペシャリストを養成するスクールも存在します。英会話やホスピタリティマインド、ストーンマッサージ技法など一般的なスクールでは学ぶことのできない講義が多数用意されているのが特徴。エステティシャンとしての基礎知識を持っていることを前提にカリキュラムが組まれているため、講義内容の専門性が高くなっています。
 
また、専門学校に通うことが難しい場合には通信講座を利用するという方法も。通学するタイプの学校に比べて費用が安い傾向にあるなどメリットはありますが、エステ技術を身につけるのに時間を要する可能性もあるので、メリットとデメリットを比較してよく検討してくださいね。

エステティシャンになるための勉強方法

ベッドで読書

エステティシャンになるためには専門学校で学ぶのが一般的ですが、未経験からエステティシャンになり、実務をこなしながら勉強していくことも可能です。すでにエステティシャンとして活躍している方も、理論・技術・接客をバランスよく高められるよう、専門書籍などを利用して、勉強することでスキルアップできます。

美容業界は、新技術の進歩が目覚ましいもの。現在の知識や技術に安心せず、常に新しい情報をキャッチして勉強する姿勢が大切です。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。