美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.25

作成:2017.07.24

エステティシャン

エステティシャンとして男性が活躍するには

近年では、男性エステティシャンとして活躍する人が増えてきました。とはいえ、女性が多い職場でお客様に珍しがられたり、職場の人間関係がうまくいかなかったりすることも多いようです。

そのような中で、男性エステティシャンが活躍するためには、なにが必要なのでしょうか。

男性もエステティシャンになれる

マッサージを受けている男性

2017年現在、エステティシャンになるために必要な資格はありません。

そのためエステティシャンになるには、エステサロンの求人に応募し、採用されるというのが流れ。

ただ、男性の場合は応募段階で弾かれてしまったり、書類審査や面接で落とされることも多いので、採用されることはかなり難しいです。

男性が女性専用エステサロンで働く場合

女性向けエステサロンでオーナーを務める男性Aさんが、採用された経緯を紹介します。Aさんは、もともとはリラクゼーションサロンで勤務していましたが、その中でオイルマッサージの効果の高さに関心を抱きました。

そこでダメ元でエステサロンに応募すると、「女性に近い雰囲気があるから」という理由で採用してもらえたのです。

けれども、男性エステティシャンが女性向けエステサロンで働く場合、「裸に近い状態を見られたくない」「知らない男性に身体を触れられたくない」などの理由で警戒心を抱くお客様もいます。

また一緒に働く女性エステティシャンも、突然「異性」が入ったため、受け入れられないことも。

Aさんにも、当初はそのような反応がありましたが、努力を続けた結果職場の先輩に可愛がられるようになりました。お客様から信頼を得てリピーターも増え、半年後には予約が埋まるまでに成長したのです。

Aさんの例のように、エステティシャンは男女関係なくお客様や同僚から認められ、さらに高い技術と志があれば、カリスマエステティシャンとなることも不可能ではありません。逆に男性目線から、的確なアドバイスを貰える、本音で接してもらえると男性ならではの経験が役立っているよう。

男性向けエステサロンでは積極的に男性を採用

足つぼエステを受けている人の足

近年は男性も美意識が高まっているため、最近では男性向け専用エステサロンも増えています。

このようなエステサロンでは、男性エステティシャンを積極的に採用し、給料も女性エステティシャンと変わらない程度にもらっています。

女性エステティシャンと比べると、まだ働き口は少ないですが、男性で美容に関心を持つお客様は年々増加しているため、十分将来性はあります。

男性向けエステサロンでは、男性エステティシャンを多く採用しているため、採用率は高く、職場の人間関係に悩むことも少ないでしょう。

男性がエステティシャンとして活躍するために

需要や社会の変化により、近年増加中の男性エステティシャン。

それにともない、働きやすい環境も整ってきてはいますが、男性に身体を触れられたり、女性が多い職場に急に男性が入ることに対して身構えてしまう人もいます。

とはいえ、同僚やお客様に認められ、高いスキルと志があれば男女問わずカリスマエステティシャンになるチャンスはあります。

男性でも「エステティシャンになりたい」という方は、エステ業界に入ってみてはいかがでしょうか。

Author:美プロ編集部

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。