美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.28

作成:2017.07.20

エステティシャン

エステティシャンの大手と個人サロンの違い

全国に約7万人いるといわれているエステティシャン。全国にも、さまざまな種類のサロンがあります。

ここでは、大手サロンと個人経営のサロンのメリットやデメリットを比較検討していきたいと思います。

大手サロンのメリット&デメリット

明るいサロンの店内

大手サロンは、事業規模も大きく、チェーン店を増やしたり、最新機器の導入をしたりということを、いち早く行うことができます。

最新機器を使えるメリットは、人数が少なくても施術数を増やすことができて効率化したり、施術のクオリティを同一に保つことができたりすること。そのため、お客様は担当以外のエステティシャンから施術を受けても、満足のいく効果を得ることができます。

さらに最新機器は、使いやすさや施術効果に対する性能が上がっています。これまでは、エステティシャンの施術経験がものをいう業界でしたが、未経験者でも機器の用途を覚えるだけで、簡単に施術を行うことができるようになりました。

さらに、顧客管理をするシステムを導入している場合は、お客様により均一のサービスを受けてもらうことができます。

例えば、全国展開している大手サロンでは、データ化した情報を他店舗に共有することで、お客様はどこのサロンに行っても、スムーズに施術を行うことができるのです。転勤などの事情でエステに通えなくなったお客様の情報を、他の通われる店舗に共有することで、エステティシャンもカンタンに引継ぎをすることができます。お客様に、再度施術の内容を確認する手間が省け、顧客を逃すことはありません。

また最新機器の導入の他、大手サロンは駅前などの優れた立地にあるため、お客様だけでなくエステティシャンにとっても通勤などの点でメリットがあるといえます。

デメリットとされるのは、営業時間が長いうえに営業時間が終わった深夜に研修などが行われるなど、拘束時間が長さです。

しかし、これらの研修は必ずスキルアップにつながるので、前向きに捉えればデメリットとはいえないかもしれません。

個人経営サロンのメリット&デメリット

事業規模が小さいため、大手サロンに比べれば顧客数もかなり少なくなります。そのため、エステティシャンは一人一人のお客様と、しっかりとコミュニケーションをとる事ができます。

個人経営のサロンの場合は、担当制が多く、一度担当につくとひとりのエステティシャンがケアすることができます。

そのため、しっかりとコミュニケーションをとり、信頼を得ることで仕事のやり易さややりがいが増します。

信頼が生まれれば、新たな施術もこのエステティシャンに頼もうという心理が働くので、ほかの施術もオススメしやすいことも。

デメリットとしては、店舗や設備が豪華でなく、機器などの導入も難しいこと。最新機器を使用できるのは大手サロンのメリットで、個人店のデメリットともいえます。
また、スタッフが少なく、異動もないため職場の人間関係が上手くいかないと、働いていくには厳しいことなどがあげられます。

どちらが自分にあっているのかしっかりと判断しましょう

サロンの施術室の中

大手と個人サロンには、それぞれの良さがあります。大手サロンの場合は、施術やサロンワークを分担することが多く、特定の施術を専門的に行うことも。そのため、多くの人を施術し、経験を積めますが、知識やスキルが限定されていまうというケースもあります。

個人サロンの場合は、施術もサロンワークなどの裏方も全てこなしていくため、将来的に独立を考えている人などには、よい勉強になるかもしれません。

ご自身がエステティシャンとして何を目指したいのか、何を学びたいのか、どのようにスキルアップしていきたいのかなどをしっかりと考えながら選択していきましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。