美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.07.19

作成:2017.07.18

エステティシャン

エステティシャンとしての会話表現

エステティシャンとして働くにあたって、お客様との会話は必須です。お客様と接するときのエステティシャンの言葉使いや表現で、そのエステサロンの印象は大きく変わります。

今回は、エステティシャンとして気を付けたい言葉使いについてご紹介します。

お客様に不安を与える「ネガティブワード」

怒った顔のお面をつける

接客をするに当たって、最も避けたいのが「ネガティブワード」を用いた接客です。「ネガティブワード」とは、「だめです」「無理です」「できません」など、相手のことを否定する言葉です。

実際に、自分が施術を受ける立場になって考えれば、これらの言葉をかけられたら良い気分はしません。エステティシャンは人一倍お客様と接する時間の長い業種なので、言葉使いにも慎重にならなければいけないのです。

お客様に相談された時や悩みを打ち明けられたときには、なるべくネガティブワードを使わずに、「一緒に綺麗になりましょう」ポジティブに転換できる言い回しをするとよいでしょう。

積極的に用いたい「クッション言葉」

接客中は、お客様にお願いごとをする機会がしばしばあるでしょう。具体的には、サロンに来店した際に顧客情報を記入して頂いたり、案内まで少しお待ち頂いたりするときです。

そのときにかける言葉にプラスしたいのが、「クッション言葉」です。「クッション言葉」とは、会話のはじめにつけることによって、言葉に柔らかく、丁寧な印象を与えることのできる言葉です。また、お願いもスムーズにしやすくなります。エステを行うことに対して、緊張されているお客様もいるので、この言葉をつけ柔らかい印象を与えることができれば、安心感を与えられるでしょう。

お客様に何かをお願いする場合には、「恐れ入りますが、少々お待ち頂けますか?」「お手数ですが、こちらにご記入をお願いします」などとクッション言葉を用いるのが効果的です。

正しい言葉遣いで素敵な接客を

気持ちよさそうにエステを受ける

エステティシャンと言えば、一般的にはその手技が重要視されがちですが、実は言葉遣いや接客態度なども、大切なのです。まずはしっかりと正しい言葉使いを覚えて、真摯な態度でお客様に相対するように心掛けましょう。

その上で、先に紹介した「ネガティブワード」を避け、「クッション言葉」を効果的に用いることが重要です。お客様の要望には、いつでも100パーセント応えられるとは限りません。そんなときのためにも、エステティシャンとして接客の表現を覚えておくとよいでしょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。