美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.21

作成:2017.08.15

エステティシャン

エステティシャンの開店前準備について

エステティシャンにとって新規のお店をオープンする時に悩むのが、どのように開店前準備を進めていったらいいのかという点です。ここでは、エステティシャンがお店の開店前に準備しておきたいことについて、お伝えしていきます。

お客様にお店に来ていただくための準備

誰もいない待合室

エステサロンの開店前準備として欠かせないのが、お客様に来てもらうための準備です。新規のお店をオープンする場合は、1人でも多くの人にお店の存在を知ってもらわなければなりません。

まずはホームページを準備し、検索した方がお店についての情報を得られるようにしておきましょう。その上で、新聞やネットで広告を出します。街道でチラシを配るのも良いでしょう。

広告を出す場合に「新規オープン」というだけではインパクトに欠けますので、初回限定もしくは期間限定のお値打ちプランを用意するなどして「行ってみたい」と思う気持ちにさせるのがポイントです。

リピートにつなげるための準備

広告の効果で集客できても、接客や施術の効果に満足できなければ、継続して通ってもらうのは難しいでしょう。そこで開店前に準備しておきたいこととして、サロンに来店していただいたお客様が満足して帰ってもらうようなお店づくりをしましょう。

そのためには、エステティシャンの技術の向上だけでなく、お店の雰囲気づくりにも力を入れる必要があります。サロン内でくつろいでもらえるような照明やインテリアの設置し、施術後のコーヒーなどのサービスを準備して、お客様に心地良いと思ってもらえるような空間を演出しましょう。

また、お客様とのコミュニケーションを大切にし、お客様の悩みに応じた施術プランの提案や家庭でのホームケアのアドバイスなども行えるとなお◎。

10回通うとホームケア用品をプレゼントなど、お客様が通い続けることによる特典を準備していくのもおすすめです。

そのほか、次回来店時にお得になるクーポンや、お得な回数券があると、リピーターになりやすいかもしれません。

開店前準備がエステの将来を左右する

アロマエステの道具

口コミでじんわりと人気が出てくるエステサロンも中にはありますが、それまでには長い年月が必要とされますし、そのようなエステサロンはそう多くはありません。

大抵の場合は、新規オープンの時に広告を出して、まずはエステサロンの存在を知ってもらうことからスタートします。

お客様に来店してもらい、サロンを気に入ってもらうためには、エステティシャンが開店前準備にどれだけ力を入れるかにかかっています。

1人でも多くのお客様に来てもらえるように、また1人でも多くのお客様にリピートしてもらえるように、しっかりと開店前準備をしましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。