美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.08.22

作成:2017.08.16

エステティシャン

エステサロンの場所・目的に応じた照明の選び方

証明は、エステサロンの雰囲気を演出するひとつ。では、お客様にリラックスしてもらう空間をつくるために、照明はどのようなものを選び、どこに置けばいいのでしょうか。ここでは、エステサロンの証明についてまとめました。

照明には全体照明と部分照明がある

おしゃれな部屋の照明

そもそもですが、照明には「全体照明」と「部分照明」があります。

全体照明とは、空間全体を明るくする照明のことで、身近なものでいえば「シャンデリア」などがあり、天井につけるものが多い点が特徴です。

部分照明とは、空間を部分的に照らす照明のことで、身近なものでいえば「学習机についている照明」や「サイドテーブルにあるスタンドライト」などが当てはまります。

基本的に、世の中の照明は全体照明で全体を照らし、奥行きが欲しいところや足りないところで部分照明を使っています。

主な全体照明にはこんなものがある

主な全体照明には「ペンダントライト」や「シーリングライト」、「ダウンライト」などがあります。

ペンダントライトは天井から吊るして、その真下が明るくなるようにしている照明のことで、シーリングライトは天井に直付けされた照明のこと。

ダウンライトは天井に埋め込んで使われる照明のことです。

これらの照明は、スペースを取らないので空間を広々と見せられますが、工事をするときに天井に穴を開けなければならないので、賃貸物件では難しいでしょう。

部分照明の種類も知ろう

花柄の照明

主な部分照明には「フロアスタンド」「ブラケット」「フットライト」などがあります。

フロアスタンドは床に置き、コーナーを演出するために使われ、ブラケットは壁面に取り付けて壁を演出するために使われます。

フットライトは足元を照らしてムードを演出したいときや、地震などからお客様を守るため、安全性を確保したいときに使われます。置き場は廊下やベッド周り、階段などで使われます。

このうち、ブラケットは専門の工事が必要なのでコストがかかるほか、賃貸物件では難しいケースがあります。

サロンの場所ごとに照明を変えてお客様の満足度アップ

エステサロン内には、部屋・目的ごとに照明を変えることが必要です。

カウンセリングスペースや着替えスペース、メイクスペースなど、お客様が何かアクションをするところでは明るい照明がおすすめ。反対に、施術スペースでは暗いほうがお客様はリラックスしやすくなります。

特に施術スペースでは裸になるので、恥ずかしくないように暗めの暖かみのある照明をチョイスしましょう。

エステサロンの照明は全体照明と部分照明を使い分けよう

エステサロンの照明ですが、全体照明と部分照明の特性を知り、効果的に使い分けることで、お客様の満足度を上げられます。

全体照明にも部分照明にもさまざまなものがあり、ともに工事が必要なものもあります。

物件によってどこまで工事できるかどうかは違うので、物件の状態も合わせて考えることが必要。

1つの照明が使えなくても、工夫次第では似たような効果を演出できるので、アイデア次第で、さまざまな空間を演出できますよ。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

エステティシャンの仕事に就くための情報まとめ

サロンへの就職時に有利! エステティシャンになるため必要な資格や認定制度

エステティシャンに国家資格はありませんが、民間認定資格がいくつか存在します。必須というわけではありませんが、エステティシャンはお客様の体に直接触れ、美容器具や化粧品を使うもの。しっかりと勉強をして、正しい知識を身につけておきたいものですよね。

エステティシャンの仕事

癒しや安らぎを与えながら、人の美容と健康をお手伝いするお仕事。幅広い知識とスキルで、人を喜ばせられる職業です。

ヘアアクセサリーがあってもなくてもOK! カンタンまとめ髪のヘアアレンジ方法

エステティシャンやネイリストなど、職種によっては施術の邪魔にならないように、髪をまとめなければならないことがありますよね。特に美容部員などの美容をメインとする職業の場合には、単に髪をまとめるだけでなく化粧が映える髪型を求められることも。

清潔感あるエステティシャンの髪色やネイル

エステティシャンの身だしなみについて紹介。「施術をする上で結婚指輪ははずすべきなの?」「ネイルはしない方がいい?」「どんな髪色だったら、印象がいい?」といった疑問にお答えします。

エステティシャンになるには「志望動機」が何より大切! 新卒・経験者・高卒など立場ごとに例文も紹介!

エステティシャンになるには、まずはエステサロンに就職する必要があります。いずれ独立・開業を目指すにしても、最初はエステサロンでスキルを磨いていかなくてはいけないんです。でも、「そもそもエステサロンに就職できなかったらどうしよう…」と不安になってしまう人もいますよね。

気になる平均年収・生涯賃金は? エステティシャンの給与事情について徹底解明!

エステティシャンとは「キレイになりたい!」というお客様の願いを叶える仕事。フェイシャルや脱毛など、全身に施術を施して人を美しくする美容のプロフェッショナルです。女性なら一度は施術を受けたことがあるかもしれませんが、そんなエステティシャンの年収がどれくらいか、あなたはご存知ですか?

エステティシャンに必要な接客英語とは!? 外国人観光客の来店時にも慌てない英語力と工夫

旅行に行った先でエステやマッサージを受けるととっても気持ちいいですよね。日常の疲れやストレスから解放されるために、自分へのご褒美のために、エステサロンやマッサージコースを利用するという人は多いと思います。これは海外から日本に訪れる外国人の方も一緒。日本で観光するついでに、ホテルやサロンでエステを受けるという観光客が多くいるようです。