美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.06.06

アイリスト

『おしゃれイズム』で宮沢りえが“キラキラアイメイク”を披露! ナチュラルなのに華やかな目元のポイントって?

5月21日に放送された『おしゃれイズム』に、美人女優の宮沢りえがゲスト出演。印象的なアイメイクが「素敵すぎる!」とネット上で反響を呼び、メイクを真似する読者モデルまで現れています。

宮沢りえのアイメイクが大好評

宮沢はピンクのチークが若々しいナチュラルメイクで登場し、40代とは思えない美しさを披露しました。とくに上品な華やかさを感じさせるアイメイクが大きな話題を呼び、「おしゃれイズムの宮沢りえさん、アイシャドウが美しすぎて見入ってしまう」「宮沢りえさんのメイク、目元の白いキラキラが素敵でした!」といった声が続出しています。中には「宮沢りえさんのメイクがかわいすぎるんだけど、アイシャドウ何使ってるんだろう?」と興味を持つ人もちらほら。
 


そして読者モデルの田中亜希子も宮沢のメイクに触発されたようす。5月24日のInstagramでは「まぶた全体のラメが印象的なメイクでした。動くとキラっキラっとさりげなく輝く感じが素敵でした」というコメント付きで、“宮沢風”のアイメイク動画を投稿。動画に映った田中は宮沢と同じくピンクのチークにカラーレスなアイシャドウを合わせ、まぶたにはキラキラと輝くラメを散りばめています。

ナチュラルなのに華やかなアイメイク

目元がキラキラと輝くアイメイクを見て、「かなりテクニックが必要そう…」と思う人もいるかもしれません。ですが実はラメが入った「グリッターアイシャドウ」を使うことで、簡単に真似できます。ラメが剥がれ落ちないようにアイシャドウベースやワセリンを塗り、まぶたにアイシャドウを付けていくだけで、お手軽に華やかな印象が醸し出せるはず。
 
そして宮沢や田中のアイメイクは“カラーレス”というのも大きなポイントです。彼女たちはアイラインを控えめにした上、ベージュなどの色味が目立たないアイシャドウを使用することで、ナチュラルな印象を演出。その上で粒の細かなタイプのグリッターアイシャドウを施すことで、ナチュラルでありながら華やかでもある、オシャレ上級者のアイメイクを作っています。
 
またカラーレスな分、チークやリップをピンクにしてバランスをとっているのも特徴。ピンクのチークにはお肌の血色を良く見せて、若々しい印象を作る効果もあるので、年齢を感じさせないキラキラアイメイクには欠かせない要素だと言えます。普段使いのさりげない目元のオシャレに取り入れてみてはいかがでしょう?
 
画像出典:宮沢りえ Instagram田中亜希子 Instagram

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。