美容スペシャリストな自分になるために

更新:2019.03.05

作成:2017.03.21

アイリスト

まつ毛パーマの種類別の特徴と魅力


 

ビューラーやマスカラいらずで、くるんと上向きのまつ毛が手に入るまつ毛パーマ。

一概にまつ毛パーマと言っても、実はいくつかの種類に分かれているのです。自分にぴったりの美しい目元を作るためには、その中からどの形が合うのかを見極めることが大切です。それでは早速、まつ毛パーマの特徴や効果について見ていきましょう。

まつ毛パーマの種類は?

実はまつ毛パーマの種類は、サロンごとに違います。パーマの特徴はサロンが扱っているロッドによってカールの形や度合が異なるので、すべてのサロンで同じ形にしてもらえるとは限りません。

 

お店によって10種類以上、パーマのデザインを用意しているところもあれば、1種類だけしか扱っていないところもあります。よってしっかりと下調べをし、自分のニーズにあったサロンでまつ毛パーマをかけましょう。

 

また、同じサロンで同じ種類のまつ毛パーマをオーダーしたとしても、それぞれの毛質によって仕上がりや持ちに変化が出てきます。もちろんスタッフの技術によっても仕上がりは異なってくるので、失敗なくパーマをかけるためにも事前に他の方がされている口コミを見たりサロンで出している写真を見たりして、サロンについての下調べをしておきましょう。

 
メイクをされる女性

主要3タイプのパーマの特徴をチェック

サロンごとに扱っているまつ毛パーマの形には違いがありますが、ここでは主要3タイプのまつ毛パーマの特徴を見ていきましょう。

ナチュラルカール

元からついているまつ毛のクセのような、ゆるめのカールが特徴です。ビューラーではできない自然なカールをつけたいけれども、あまりまつ毛パーマ感を感じさせたくない方にはぴったり。また、二重の方や、まつ毛が長くてカールを出し過ぎるとまぶたにまつ毛が刺さってしまうような方におすすめです。

Cカール

くるんとしっかりついたカールが特徴で、横から見るとまつ毛のカーブの強さがはっきりとわかります。ナチュラルカールよりもぱっちりとした目元に仕上げたい方にはぴったり。マスカラを塗れば、まるでマツエクをしているかのようにくっきり綺麗な目元に仕上がりますよ。

 

まつ毛が強く、カールを長持ちさせたい方におすすめしたいのがこのカール。一重の方でも二重の方でも目を自然に大きく見せてくれて、化粧をしていない時でもぱっちりとした目元が保てます。

上向きカール

まつ毛の根元からしっかりと立ち上げ、強くカールのクセをつけるのが特徴です。横から見るとまぶたに向かって直角に近いくらいの角度でまつ毛を立ち上げているのがよくわかるはず。

 

まつ毛を長く見せたい方、目力をアップしたい方にぴったりです。一重の方でも縦幅を強調できるため、パーマをしていない時よりも目を大きく見せることができますよ。

ただ、しっかりとカールを出す分あまり長持ちはしないので注意が必要。「この日は絶対きれいに保ちたい!」と決まっている日があるのならば、その直前にパーマをかけに行くようにしましょう。

 

まずは健康なまつ毛キープと、最適なサロン探しを

ご紹介した3種のまつ毛パーマ以外にも種類があるので、しっくりくるパーマに出会えるまでいくつかのサロンに行って比較してみるのが良いですね。

 

スタッフの技術やサロンで使っている器具によって仕上がりが異なってくる以外にも、実は自分のまつ毛の状態によっても仕上がりは大きく異なってきます。

髪の毛と同様、まつ毛へのパーマも毛へのダメージが少なからず発生します。日々のメイクやマツエクでダメージを受けたまつ毛だとパーマがかからなかったり、かかったとしてもすぐに取れてしまうことも。

すぐに取れてしまったからといって何度も何度もかけ直していると、どんどん弱くて少ないまつ毛になっていくという負のループを生み出してしまうことも・・・。

 

そうならないためにも、パーマをかけに行く前に、まずは健康なまつ毛を育てることが大切!朝晩とまつ毛美容液を使って、まつ毛のケアを怠らないように気を付けましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を都道府県から探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。