美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.01.27

アイリスト

アイリストができるアレルギー対策

女性の目のアップ
サロンで刺激が少ない、安全性の高いグルーを使用していたとしても、アレルギー反応には個人差があり、腫れなどの症状が出るお客様もいます。
 
他のサロンではアレルギー反応が出なかった方でも、その時出なかっただけでアレルギーが突然発症する方もいらっしゃいます。
 
今回は、こういったアレルギーの発症を未然に防ぐために、まつ毛エクステのカウンセリングで一番重要なチェック、アレルギー体質か否かを調べるパッチテストを紹介します。

パッチテストとは

初めてのサロンでまつ毛エクステを施術するとき、必ず必要なのが「パッチテスト」です。今までまつ毛エクステ履歴があって何の異常もなかった方でも、体調の変化、まつ毛エクステで使う材料等によって突然アレルギーを発症することがあり、油断できません。
 
まつ毛エクステ施術で起こるアレルギー反応は、使用するグルーにより腫れなどの症状が一番多いです。サロンでは一番気を遣う部分と言っても過言ではありません。
 
メーカー側も、まつ毛エクステで使用するグルーによりアレルギー反応が出る人が多いことから、低刺激でかぶれの原因を極力排除したグルーを開発しています。
 
しかし、アレルギー反応の原因は一つではありません。アレルギー反応は極力少ないグルーであっても、施術を受ける全員にアレルギー反応が出ないという保証は、決してないのが現実です。また、アレルギー反応が一度でも出てしまった人は、一度目の症状は軽くても、二度目の症状は強くでるというアナフィラキシーショックがあります。
 
まつ毛エクステのグルーに限らず、美容サロンなどで施術に使用する材料が、アレルギー反応がなく安心して使えるかどうかお客様に試験することを、パッチテストといいます。

パッチテストの方法

目のかゆみを訴える女性
まつ毛エクステのパッチテストは、グルーへのアレルギー反応だけではありません。他にもマスキングテープによるアレルギー反応、まつ毛エクステのエクステ毛の素材によるアレルギー反応、ツイーザーによるアレルギー反応の結果を見ます。
 
まつ毛エクステのパッチテストは、片目3本~5本ずつまつ毛エクステを付け、数日反応を見てアレルギーチェックをします。かゆみ等が出た場合はすぐにリムーブし、施術をお断りします。

パッチテストの重要性の再確認

上半身の女性
パッチテストは時間がかかり、お客様側もアイリスト側も大変面倒だと感じるような作業です。しかし、面倒だからといって、パッチテストをせずにお客様やアイリストが取り返しのつかない状態になるのを一か八かで済ませないようにしましょう。
 
お客様が他のサロンではしなかった、面倒だとパッチテストを断った時は、アイリストとしてパッチテストが大切なテストだとお客様を説得しましょう。トラブル防止のためにも、アイリストとして責任を持ってパッチテストを行ってください。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。