美容スペシャリストな自分になるために

更新:2017.01.25

作成:2017.01.24

アイリスト

アイリストとアイコーディネーターとの違い

メイクをしている目
「目元(まつ毛)のプロフェッショナル」ことアイリスト。2013年からは新しい美容検定資格「アイコーディネーター」が始まりました。従来のアイリストと、資格取得者であるアイコーディネーターでは、どんなところに違いがあるのでしょうか?

アイリストはまつ毛のプロフェッショナル

くるりと上に巻いた美しいまつ毛。この、整えられたまつ毛をお客様のために作り出すのが、アイリストです。アイリストは、いわば「まつ毛メイクのプロフェッショナル」。ヘアサロンなどで、お客様の目元に関するお悩みと要望をカウンセリングしてから実際の施術までを行います。専用の道具や薬剤などを使って人工のまつ毛を植毛する「まつ毛エクステンション(エクステ)」や、まつ毛をカールさせる「まつ毛パーマ」などにより、なりたい目元を作り出します。
 
かつてまつ毛メイクと言えば、ビューラーやマスカラなどを使って自分でメイクを施すしかなく、そのわりには上手く仕上がらなかったということが多かったものです。現在は「夜まで落ちない」「忙しくても楽に目元がキマる」という利点もあって、まつ毛エクステやまつ毛パーマなどが巷に浸透してきました。それに伴って、これらの施術を行う「まつ毛の専門家」ことアイリストの需要も高まってきたのです。そのため、若い女性を中心に人気を集め始めている職業でもあります。
 
アイリストは、現在は主にヘアサロンをはじめとする美容系サロンで活躍しています。アイリストは、美容師免許がなければ施術してはいけないことになっていますが、アイリストそのものには特別な資格・免許制度はありません。が、ヘアメイクとまつ毛メイクの技術は根本的に違います。
 
アイリストを目指すなら、美容師免許を取得した上で、まつ毛メイクに関する知識と技術をイチから学ぶ必要があります。ヘアメイクの技術に加えて、しっかりとしたまつ毛メイクの知識と技術を身につけ、お客様ひとりひとりの要望に応えられる有能なアイリストになれば、就職・転職の選択肢も広がります。

アイコーディネーターは目元全体のプロフェッショナル

サロンの様子
アイリストとは別に、「アイコーディネーター」という仕事もあります。アイリストとの違いは、美容師の可能性を更に広げることを目指して定められた、新しい美容資格であるという点です。2013年に、美容師と美容院の価値向上のために活動しているNPO法人日本ビューティ・コーディネーター協会(JBCA)が定めました。
 
認定アイコーディネーター資格の取得は、美容師免許を持つ人に限られます。アイブロウやアイラインなどアイメイクの基礎・応用から、カウンセリングの方法、アレルギーなどの皮膚医学まで多岐にわたります。
お客様の目元の魅力を最大限に引き出すための知識と技術を幅広く、専門的に身に付けることが求められます。
 
アイリストがまつ毛メイクの専門家とすれば、アイコーディネーターはお客様の骨格や肌質など、目元をトータルに分析し、まつ毛メイクも含めてなりたい目元をコーディネートする「目元の専門家」と言えるでしょう。

目元のプロフェッショナルを目指そう!

女性の肌
目元の印象は、まつ毛だけでも大きく変わりますが、骨格やお客様ごとの目の形の違いなども影響します。目元についてもっと知り、メイクまでコーディネートできれば、更にその魅力が深まります。
 
目元について豊富な知識と技術を持つ目元のプロフェッショナル、アイコーディネーターは、お客様の目元に潜んだ魅力を最大限に引き出すことが出来る存在と言えるでしょう。アイリストを目指すなら、更に一歩進めて、アイコーディネーターを目指してみるのも良いですね。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

関連求人を探す

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。