美容スペシャリストな自分になるために

作成:2017.01.27

アイリスト

アイリストのマスク着用が必須の理由

マスクをした女性のアップ
アイリストにとって「マスク」は必需品です。その理由は、お客様のためもありますし、自分の身を守るためでもあります。どのようなマスクを選べばいいのか、詳しく見ていきましょう。

アイリストが気を付けたい化学物質

アイリストが施術で使うグルー(接着剤)やパーマ液、トリートメントには、揮発性の化学物質が含まれています。これらは臭いに不快感があるだけでなく、アレルギーの原因になる場合もあります。
 
特にグルーは、少量「ホルムアルデヒド」という有毒物質が含まれており、喉や呼吸器、目に付着すると炎症を起こします。かつて「シックハウス症候群」でも問題になった物質です。
 
ホルムアルデヒドが消えるまで最大24時間かかるので、アイリストの現場は常にホルムアルデヒドのリスクがあります。反応には個人差があり、最近では「医療グレード」と言って低アレルギーのグルーも出回っていますが、化学物質に過敏な体質であれば特に気を付けなければいけません。
 
マスクを着用することで衛生面だけでなく、ホルムアルデヒドなど化学物質の侵入を阻み、アレルギーの予防にもつながります。

アイリストに合ったマスクの選び方

マスクは素材や製造方法、効果によって様々な種類があります。主に流通しているのは、「ガーゼタイプ」と「不織布タイプ」です。ホルムアルデヒドの侵入を阻むマスクもあり、活性炭を使って化学物質を吸着します。
 
ただしその性質上、見た目が黒いので、マスクの色や形などの印象を重視するサロンでは使えない可能性もあります。手に入らない場合は、風邪やインフルエンザなど、ウイルス対策に作られた目の細かいマスクで代用しましょう。
 
化学物質の侵入を阻むのであれば、顔に合ったサイズのマスクを選ばなければいけません。サイズが合わないと隙間ができて、そこから入り込んでしまいます。また、見た目の印象も良くありません。「日本衛生材料工業連合会」では、以下の測り方を紹介しています。

1.親指と人差し指でL字形を作ります。
 
2.L字形にした状態で、耳の付け根の一番高いところに親指の先端を当て、鼻の付け根から1cm下のところに人差し指の先端を当てます。
 
3.親指から人差し指までの長さを測れば、それがサイズの目安になります。
 
測った長さが
9~11cm→子供用サイズがおすすめ
 
10.5~12.5cm→小さめサイズがおすすめ
 
12~14.5cm→ふつうサイズがおすすめ
 
14cm以上→大きめサイズがおすすめ
 
(『一般社団法人 日本衛生材料工業連合会』より引用)

 
最近では、鼻の形に折り曲げられる「ノーズフィット(鼻当て)」付のマスクがほとんどです。顔の形にフィットする立体型マスクも販売されており、会話がしやすく、口紅がつかないというメリットもあります。ただし、見た目の印象はサロンやお客様によって意見が分かれるでしょう。
 
機能が豊富になるほどマスクは高価になりますが、メーカーが定めた使用期限は守りましょう。不衛生だったり、効果が落ちたりするのが理由です。洗って再利用できる場合も、破れたり毛羽立ったりするなどして、本来の効果を発揮できなければ潔く捨てます。

自分に合うマスクを選ぶことが大切

マスクと菌
お客様を相手にする以上、マスクも機能より印象を優先しなければいけない場合があります。ただし、使う理由を考えると確実に自分を守ってくれるマスクを使いたいものです。安心して仕事をするためにも、最低限サイズや使い心地が合っているものを選び、できるだけ化学物質の侵入を阻みましょう。

Author:美プロ編集部

この記事に関連するキーワード

アイリストの関連求人

アイリストの仕事に就くための情報まとめ

アイリスト編 -実際に働いてみて

まつげエクステンション、まつげパーマ・カール、まつげカラーなどの、まつげ専門技術者をアイリストと呼びます。 数年前から急激にまつげエクステが主流になったと同時に、多くのトラブルが起きた為、平成20年3月に厚生労働省により『まつげエクステンションによる危険防止の徹底について』という通達が出されました。 現在では、『美容師免許』を取得していなければ、施術をすることができません。

チーフや店長にキャリアアップできる! アイリストの正社員として働くということ

「まつ毛エクステ」や「まつ毛パーマ」などを施す「アイリスト」ですが、今では「美容院」や「ネイルサロン」でもまつ毛の施術を取り入れている店舗が多くあって、そこで働くアイリストの需要も高まっています。アイリストの働き方にもアルバイト・パートや正社員など様々な種類がありますが、キャリアアップを望んでいる人は「正社員として働きたい」と思いますよね。

アイリストには「美容師免許」も必要! 未経験者がアイリストを目指す方法とは?

まつ毛エクステの施術など、目元のケアを行うプロフェッショナル「アイリスト」は、女性からとても人気の高い職業の1つですよね。ですが実際にアイリストになるための方法には、どんなものがあるのでしょうか?

一流アイリストになるために! アイリスト検定を受験しよう

まつ毛ケアの専門家・アイリストには安全な施術と細かな衛生管理が求められるため、国家資格である美容師免許の取得が必須になります国家資格である美容師免許の取得が必須になります。しかし、美容学校ではアイリストとしての実践的なスキルを学ぶことはできません。そこで多くのアイリストは、まつ毛ケアの民間資格を取得しています。

サロンの種類によっても給与形態は様々! アイリストのボーナス事情とは?

一回の施術量が他の美容サービスより多くなるアイリストは、美容業界のなかでも高収入であると言われています。しかしアイリストの主な勤務先であるアイラッシュサロン1つとってもその支払われ方は様々なようで、同じアイリストでもその収入には開きがあります。